Windows

Share  
admin's picture

2018デスクトップ

実に15年ぶりにデスクトップパソコン製品を検討している。最後に買ったデスクトップはFMV Deskpower CE18B/R(2012秋モデル)である。Let's Noteを買ってからは、TV録画・編集専用機として使っていたが、デジタル放送に完全以降後は無用の長物になった。Lifebook SH76/EN後継機の検討をする中で、久しぶりにデスクトップに関心を持った。調べていくと、高性能ノートパソコンよりデスクトップのほうがお買い得だと実感した。

admin's picture

2018モバイルPC

2018年1月現在の保有モバイルパソコンの仕様を比較した。現在もっともよく使っているのがLifebook SH76/ENで、その後継機を検討した。昨年末にVAIO新機種が目に留まったのが契機だが、結局モバイル用としてはIdeaPad S10-3後継+格安SIMとして、Yogabook for Windowsにした。Lifebook後継は、おなじ系統のUH75が第1候補になった。VAIOより軽く、コストパフォーマンスがいいからだ。しかし、i7-7700にしてオプションを追加すると20万円を超えるので購入を控えた。そして……モバイルにこだわらなければ、コストパフォーマンスと拡張性に優れたデスクトップに関心が移った。

admin's picture

スティックPC比較

DOSPARAサイトで、格安の「スティックPC」を見つけた。USBメモリではないかと思うほどの超小型コンピュータである。普通のパソコンと違うのは、ディスプレイに液晶テレビを使うことである。USBコネクターに見えるのはHDMI(オス)である。これを液晶テレビのHDMI端子に挿して使う。無線のキーボードとマウスがあれば、普通のWindowsパソコンとして使える。

年末年始の商戦で特価販売されていた。本体(通常14800円+税)に無線のキーボード/マウスが付いて、なんと9980円!試しに買おうと思ったが、他の用事にかまけていたらキャンペーン期間が終わってしまった。いまは本体だけで14800円になっている。一度特価を知ったら、KB/マウスを含めて2倍くらいの値段で買うのは悔しい。というわけで、急ぐ必要もないのでドスパラ以外のスティックPCも調べて比較した。高くても数万円で買えるので、それほど悩む必要はないが、買ってから後悔したくないのでアレコレ調べた。

Windows2018検討

現役のデスクトップパソコンは、2003年製のFujitsu Deskpower Windows XPである。5年前まではTV録画専用機として使っていたが、アナログ放送が打ち切られた後は無用の長物に なってしまった。それ以後メインはノートパソコン Lifebook SH76/EN になったが、これも買ったのは5年前で動画変換・編集で酷使(CPU稼働率90%以上で何時間も走らせる)してきた。買い替えの時期である。旅用のIdeaPad S10-3後継には、Yogabook(データ+SMS)を買った。SH76後継には、当初VAIO S11が目に付いたが、i5-7200U搭載オプションを追加すると20万円になり高すぎた。VAIOより薄くて軽いLifebookがあった。UH75である。価格もVAIOより安い。i5が14万円、i7が20万円くらいだ。

Model Lifebook SH76/EN YogaBook +LTE VAIO S11 Lifebook UH75
システム Win 7 Home Premium 64bit Win 10 Home 64bit Windows 10 Home 64bit Windows 10 Home 64bit
プロセッサ Core i5-2520M
@2.50GHz 2.50GHz [7.0]
Atom x5-Z8550
@1.44GHz/4コア
Celeron 3865U/Core
i3/i5/i7(1.8~2.7GHz)
Core i5-7200U @2.50-3.10GHz
メモリ 8GB [7.4] 4GB 4/8/16GB 4GB
ストレージ(HDD/SSD) 500GB [5.8] SSD 64GB SSD128GB~1TB(PCI) SSD 128GB
グラフィックス Intel HD Graphics 3000[5.9/6.2] Intel HD Graphics 600MHz Intel HD Graphics 610/620 ntel HD Graphics 620
ディスプレイ 13.3 WXGA (1366x768) 10.1 IPS (1920x1200) 11.6 FullHD (1920x1080) 13.3 FullHD(1920x1080)
駆動時間 12H 13H 14.5-16.0時間 8.3H
重量 1450gSH 690g 840g/860g 761g
外形寸法(mm) 316x223x23.2 256.6x170.8x9.6 283.4x195.5x18 309x212.5x15.5mm
発売・購入年月 2011/12・2012/3 2017/01・2017/12 最新2017/09
旧版2015/12
2017/11・検討
価格(VAIO:17/11現在) 12万円 5.6万円(定価74K) 旧12.5万円
新i5-7200U 19.2万円
14万円(i7\200K)
SPEC Lifebook SH76/EN ZA160035JP VJS1121  
外観
admin's picture

Windows 10 失敗

旅のお供に使っているIdeaPad S10-3(Windows 7 Starter 32bit、Atom N450@1.66GHz 1.67GHz、メモリ1GB)はWindows10アップグレード対象外だったが、いつの間にかWindows10がダウンロードされていたので試しにインストールした。一晩かかったが無事インストールできた。
※Windows 12.7GB 73,065ファイル、 Windows.old 20GB 126,137ファイル、$Windows.~BT 2.81GB 1,421ファイル
※Cドライブ 合計サイズ 187GB 空き領域 24.6GB

しかし、主力マシンに使っているLifebook SH76/EN(Windows 7 Home Premium 64bit、Core i5-2520M
@2.50GHz 2.50GHz、メモリ 8GB)ではインストールが失敗する。

失敗の経緯をメモしておく。2015/9/17現在まだ未解決である。

jack's picture

サーバ用OS

昨夜、オープンソースの記事を読んでいてWebアプリケーションを動かすサーバを自宅に作れないかと思って初期調査をした。レンタルサーバ(現在三社と契約)でWordpress, Drupalなど十数種類のWebアプリを運用しているが、その管理が重荷になってきた。すべて解約して自宅サーバで動かせないかと考えたわけだ。これまでは学習障壁が高く、経済的・時間的負担も大きいと思っていたが、そうでもないんじゃないかと思った。

先ずはサーバ・ハードウェアだが、「富士通 PRIMERGY TX100 S3p (CeleronG550/2GB/DVD-ROM/HDDレス/OSレス)ベースモデル PYT10PT3S」が、なんと8,980円で販売されていた。在庫が少なくなって一ヵ月後には9,980円になったが、それでもあっという間に売り切れて、今は在庫なしになっている。外付けHDDが3台あるので、HDDなしのモデルを安く買って使う手があるが、筐体の中に納めたほうがすっきりする。OSなしのPrimergy 250GBモデルを昨夜調べてメモを書いたが、OS付きモデルも調べた。

Syndicate content