Share  
admin's picture

笑福亭鶴瓶の人に好かれる10の条件

「誰からも好かれる術」を笑福亭鶴瓶に学んだら(ぱる出版)…というタイトルの本から。著者は心理学者の内藤誼人。

  1. 上機嫌は人に好かれる必要条件
  2. 話しかけやすいオーラが人を惹きつける
  3. 人当たりの良さを磨くトレーニングをしよう
  4. 挨拶の自動化が人間関係の基本
  5. あらゆる縁を大切にしよう
  6. 能動的に動かなければ人間関係は生れない
  7. 人の心を開くコツは丸裸にある
  8. 10年来の付き合いが信頼を生む
  9. カラフルな人間がモテる
  10. 悪口は自分の品格を下げる
admin's picture

火葬から納骨まで

夜伽、通夜、葬儀、告別式が終わって火葬にした後の法事について整理しておく。

火葬場から遺骨安置

火葬場で拾骨するとき、仏に見立てられる骨を小さい遺骨箱に入れ、脚骨や胸骨などは大きな骨壷に入れる。ここでは便宜上、遺骨と骨壷と呼ぶ。仏に見立てられる骨は、背骨の第二頚椎のこと(火葬場の人の説明)である。「のどぼとけ」というが、成人男子の喉仏(喉頭隆起)のことではない。喉仏は軟骨なので火葬すると焼失する。[参考]のど仏と軸椎・美しいウソ (ネットには間違った説明もある)

骨壷には、竹と木でできた箸を一本ずつ持って骨を拾って入れる。最後に頭蓋骨を割ると三つに分れるので、これでふたをするように入れる。木の箸は大地に根を張っているもの、竹は天に伸びていくものの象徴である。天地をつなぐ二つの箸で骨を拾い、魂が地から天に昇っていくことを祈るならわしである。

jack's picture

イサム・ノグチ~フリーダ・カーロ

よくあることだが、ある人の来歴を見ていて、その人と関係のある人に興味を持ち調べる。するとまたその人とつながりのある人に出くわして興味を覚える。そういうことが際限もなく続き、あっという間に数時間が経っていることもある。

今日の徹子の部屋のゲストは宮本亜門だった。演出家で、沖縄に家があるということくらいしか知らなかった。Wikiを読んで、どんな人なのかは一通り分かった。父親は60年近く前から喫茶店を営んでおり、現在も新橋演舞場の前に存在する。亜門の女友達と再婚し、亜門より30歳年下の次男がいる。

達磨居士's picture

最後の楽園

NHK取材班が2006年から撮影を続けた番組。第一集は2010年に放送された。第2集の第1回「謎の類人猿の王国」が2014年0月12日に放送された。第2回は11月19日の予定。グーグル地図

第1回 [255MB 48:03] は自宅サーバに保存した。下記はイントロ部分[10MB,01:55] のみ。

達磨居士's picture

枕草子「にくきもの」

100分de名著「枕草子」が放送されている。第三回は「にくきもの」を取り上げていた。現在の「にくい」という言葉は、殺したいほど憎む、強い抵抗感、許しがたいものといった攻撃的な意味合いで使われる。しかし、平安時代は、もっと軽い意味で「しゃくにさわる」とか「気に入らない」といった、自分の感情をしめす言葉だったという。

admin's picture

魔王が棲む魅惑の城

TV録画ファイルを整理していて信長の城とその戦略を紹介した番組を見つけた。ひとつは表題の「魔王は棲む魅惑の城」である。信長は生涯に5つの城に移り住んだ。最初が那古野城、二番目が22歳のときに移った清洲城、30歳のときには美濃攻略のために築城(1563)した小牧山城に移った。

そして、美濃を平定した1967年、稲葉山(金華山)に移り、天守を新たに造営してこれを岐阜城とした。岐阜城を拠点に天下布武を唱え、楽市楽座を振興し、天下取りへの道を歩み始める。時に34歳のときである。そして最後が、かの有名な安土城である。

admin's picture

NHKアーカイブス

過去に録画したTV番組をブラウザだけで閲覧(Windows/Android)できるようにしているが、各放送局もネットで視聴できるサービスを提供するようになった。NHK番組については「NHKアーカイブス」または「NHKデジタルアーカイブス」というサイトがある。放送予定の番組紹介サイトもあり、番組名がETVアーカイブス「あの人に会いたい」、NHKアーカイブス「戦争証言」などがある。番組編成やアーカイブスの関係性が分からないので整理を試みている。

admin's picture

空き家820万戸

~増え続ける全国の空き家~ NHK日曜討論から

昭和33年に36万戸だったのが、平成25年には過去最多の820万戸になった。これは全住宅の 13.5%、およそ7戸のうち1戸が空き家になっている。このうち、世帯が長期不在の空き家が318万戸を占める。空き家は、周辺お住民に迷惑をかけ、治安の面でも防災の面でも大きな問題になっている。

空き家条例

地方では、親の実家が空き家になるケースが多い。犯罪の温床になったり、倒壊の危険があり、これを取り除くという公益性の観点から、新潟県長岡市・大仙市など184の市町村で制定されている。行政代執行により強制撤去することができる。


税負担が障害

家を壊すのにお金がかかり固定資産税も増える。接道条件が厳しくなり、建てかえると建坪が小さくなる。

200平方メートル以下の住宅用地の場合、住宅を取り壊すと固定資産税が6倍になる。
元々は、住宅用地の税負担を軽減するための特例だったが、人口減少社会ではそれが解体して更地にすることをためらう要因になっている。ボロ屋をそのままにしておいたほうが税負担が少ない。

admin's picture

au携帯の迷惑メール

携帯はほとんど使わないので、キャンペーンでもっとも安かった(月額410円X2年)auにMNP乗り換えをした。以前のEメールアドレスは無効になったので新規に作成した。二段階認証に使うためだ。ところが、数ヶ月経って迷惑メールが増えた。Facebook, G+, Voiceの二段階認証のほかに使ったのは、東横インのWeb予約の確認のためだけだ。これ以外には使っていない。どこからメルアドが漏れたのか?

迷惑メールのひとつは ~@goi708ot.lucky-olive.biz だ。

寄付金を送金していますが、今回日本国内の損金算入限度を超過し~上海のメインバンクで8300万円ほどが送金不能に~すでに香港で処理してしまっているため~」などなどとくどい説明があって、「社内では[私のメルアド]様へご送金することが決定しており、~様の手元に入る金額は総額8300万円です。

なんとも馬鹿げたメールである。これが何通も毎日くると迷惑そのものだ。数時間ごとにドメイン名を変えてくるので、ドメイン指定で受信拒否の設定は意味を成さない。自分が許可したメルアドからしか受信しないように設定するほかない。過去そのようにしていたが、auでの設定が面倒で放置していた。

admin's picture

暗号化ソフト

機密保護ファイルを管理するために暗号化ソフトを使ってきた。2007年に書いた記事があった。USBに保存したファイルはつねにセキュリティ・ロックをかける。紛失して第三者に読まれることを避けるためだ。このためのソフト、使い方はUSBメーカごとに違う。BufffaloはClipdrive、ElecomはPass、IODATAはSecretDrive、SonyはLBファイルロック2といったぐあいだ。いずれも各社のUSBを接続しないと使えない。すべて使ってきたが、バックアップ用に暗号化して1~2年使わないとどれがどれだか分からなくなってしまう。

admin's picture

祇園祭・山鉾巡行

jack's picture

祇園祭に遭遇

今日も会いに行った。名古屋駅行き最終バスに乗り遅れ猛暑の中を歩く羽目になった。大和に帰るつもりだったが遅くなったので急遽行き先を京都に変更した。祇園祭の期間中だからだろう、宿がとりにくかった。定宿のように何度も泊まったアパ京都駅前に空き室があったが、なんと素泊まり13,900円! これまでは6000円くらいで泊まっていたから驚きである。需要があるから2倍の料金にするという姑息な商売は歓迎できない。

東横インも高かったが、四条大宮に6650円の空き室があったので予約した。ところが実際には7182円だった! 税抜きの価格表示だったからだ。アパは税込みの価格表示なので、思い違いをすることがない。6650円ならまあいいだろうと思うが、7182円だと高いなあと思ってしまうものだ。それでもアパ京都の半額で、部屋の品質は同等以上で部屋も広いから満足だ。

名古屋から京都まで2時間半。8時前に着いた。JR京都駅から阪急四条大宮への行き方が分からなかった。ネットで調べると乗換え2回になってしまう。地図を見ると地下鉄烏丸から歩いても20分くらいなので地下鉄に乗った。通勤時間帯は終わって混雑しないはずなのに駅構内は人ごみでごった返していた。駅員が何人もいて通行整理をしていた。聞くと、祇園で人が多いのだという。

jack's picture

特定秘密保護法

2013年12月6日に成立し、同月13日に交付された。10月25日に閣議決定し、その6週間後に成立している。この法律は、戦前の「軍機保護法」に似たものだとして、スパイ容疑の範囲が拡大解釈され冤罪が起きる可能性が高いと反対する知識人もいる。

1941年12月8日、太平洋戦争回線と同じ日に、軍機保護法違反としてスパイ容疑で逮捕された北大生がいた。のちに「宮澤・レーン事件」として世に知られる。旅好きだった宮澤弘幸は、根室方面を旅したときに「海軍の根室飛行場」を見た。見たことを北大の英語担当教師だったレーン夫妻に話した。それが軍の機密情報を流したということで、軍機保護法違反で逮捕されたのだという。

根室飛行場の存在は、周知の事実として広く知られていた。リンドバーグの太平洋横断の着陸地として有名だった。宮澤・レーン夫妻に目をつけていた特高警察が「でっちあげた冤罪」であった。具体的に何が軍機保護法違反になるかの記述はなく、陸軍大臣・海軍大臣が「それは機密情報だ」といえばそのとおりに解釈されるという記述があるだけのお粗末な法律だった。

jack's picture

法外な宿泊料金

今年3月に帰省したとき東海道沿線のホテルがどこも満室で空いていても高すぎた。よく利用するアパホテルも高く、法外な宿泊代ではないかと旅日記に書いた。1月に泊まったときは3500円だったのが3月21日は素泊まり9400円になっていたからだった。今回も名古屋周辺のホテルは満室が多かった。3軒あるアパもすべて満室だった。通常4800円くらいなのが8500円になっていた。

2012年頃からアパは急速に事業を拡大している。首都圏では関内に一軒あっただけなのがいまは20軒を請えている。東京オリンピックに向けての需要拡大を見越してたくさん買収している。多額の投資を回収しようとしているのか、宿泊客の増加で殿様商売になったのか知らないが、どのアパも高くなった。体験的には5000~6000円だったのが7000~8000円になった気がする。ひどいときは名古屋周辺で12000円だ! もちろん4000円くらいで安い日もあるが、それは少なくなった。まったく同じホテルでこれほどの価格差があるのは、需要変動型の価格政策を採っているからだ。顧客価値、サービス品質対価の原則は無視している。

客が多いときは高価格にするという経営姿勢は評価できない。

admin's picture

「電線病」を治療

伝染病にかけて”電線病”とまで呼ばれるほど、街の美観を壊している電柱・電線がいたるところにある。写真を撮るときにいつも目障りで、電柱・電線が入らないような構図を探すことがある。一番気になったのは京都を歩き回ったときだった。電柱・電線のために「古都」の風情が感じられなかった。

今夜のニュースでうれしい話があった。無電柱化推進プロジェクトが発足したという。
ロンドン・パリ・香港は100%に対し、東京は7%に過ぎない。この「電線病に冒された街を再生しようとする試みだ。市街地の景観を美しくする効果だけではなく、台風・地震など自然災害で倒れて事故の原因になるのを防いだり、災害発生時に電気を確保するという目的がある。

京都を歩いて旅したとき、修学旅行で訪れたときに見た風景の記憶とは違う違和感を覚えた。何だろうと思って気がついたのが、至るところにある電柱と電線だった。最初は、三十三間堂を外部から写真を撮ろうとしたときだった。電線が目障りなので、電線が入らない場所を探したが無理だった。

Syndicate content