Share  
admin's picture

雌性発生と離婚遺伝子

イギリスの61歳の男性が女性化する減少に悩まされてきた。肌ツヤが良くなり、全身オ毛がなくなり、胸が膨らんで乳まで出るようになった。男らしかった男がどうして女性化するのか?その原因は女性ホルモン、エストロゲンの増加だった。しかし、どうしてエストロゲンが増えたのか?ホルモンの分泌を促す甲状腺に何らかの異常があるのか?それとも・・・。

クマノミ「雌性発生」というコトバがある。Wikipediaでは「ギンブナ」の項に説明があった。一般的にフナといえばギンブナのことらしいが、フナは「無性生殖の一種、雌性発生をする」・・・と書いてあるが、もうひとつ要領を得ない。メスが卵を産むための刺激としてオスの精子が必要だが、受精するわけではなくメスが自分のクローンを生むということらしい。だから、フナはほとんどがメスだというのだ。

admin's picture

新型インフルエンザ

豚インフルエンザ感染状況をグーグルマップ上にマッシュアップした地図がある。世界のどこでどの程度の感染が発生しているかを俯瞰できる。アメリカ全土を対するときにどの都市や地方で感染者が発生しているかを知ることで注意を喚起できる。

WHOが4月29日に警告レベルをPhase5(大流行直前)に上げたことで世界でのマスコミ報道が過熱している。スペイン風邪で4000万人が死亡したということだけを鵜呑みにして神経質になる必要はない。医療技術や医療供給体制、パンデミック発生への危機管理・準備などで、90年前といまとでは彼我の差がある。

我々一人ひとりが迅速に正確な情報を把握して適切な対策をとることだろう。楽観や過度な反応を戒め、冷静に正確な情報を分析、判断して行動することだ。ここで課題となるのが、いかに正確な情報を入手するかということだろう。すでに感染者や志望者がでている現地、メキシコやアメリカの状況と、H1N2新種の分析結果を知ることが先決だ。

Guestbook

※slide.comウィジェットを利用していたが、このサービスが停止された。別のツールを検討中。
<embed align="middle" name="flashticker" style="width: 400px; height: 300px;" flashvars="cy=ld&il=1&channel=10239876&site=widget-84.slide.com" wmode="transparent" salign="l" scale="noscale" quality="high" type="application/x-shockwave-flash" src="http://widget-84.slide.com/widgets/slidemap.swf"></embed>

admin's picture

銀行口座を盗む詐欺ボット

昨年一度あったが、今日新種のボットに気が付いた。Bluehost技術サポート部隊が発見してくれたのだが、見つかるとWebサイトは即刻閉鎖になり、次のメッセージが表示される。

The account has been suspended

幸い気が付くのが早かったのですぐチャットをして原因を究明し、必要な対処をして10分で復旧した。

原因はbbs.agorian.com配下のsurveyディレクトリにフィッシングコードを仕込まれたからだ。イギリスのバークレイ銀行の口座にログインするメンバーを騙すための詐欺コードだ。非常に悪質な犯罪行為である。

他人の庭に偽装した銀行支店とATM機械を設置するようなものだ。おまけにウィルスまで埋め込まれていた。まったく大迷惑な話だが、気が付かずに放置すると犯罪に手を貸したことになる。

admin's picture

体操の世紀

Gymnastics Boom, part 1

This is a ABC special documentary from 1979 about how the sport gymnastics suddenly became so populair. Contains many historical clips from the late 60's to the late 70's. This is the first part. It shows Vera Caslavska, Olga korbut an many others.

admin's picture

エニアグラム Enneagram

(英語では、Enneagram of Personality

最近の日本でのリーダーシップ研修やコーチングの研修で、エニアグラムを使っていることを知った。日本には1980年代末に紹介されたと聞いたが、実際の研修ではエニアグラムの説明をしているみたいだ。なんだか変だが、コーチングだ、ファシリテーションだとかいってやたらと海外からコトバだけが入ってきて、日本人が理解したり講師が教えたりしていることは、実際の海外でのプラグマティズムに根ざしたやり方とは違っている。

明治の時代から和魂洋才とはいうが、肝心の和魂が忘れられているようだ。和魂とは、精神論的な話ではなく、現実の日本の伝統、文化、習慣、そして何よりも日本人の価値観が根本にあるべきものである。その価値観にあった形で、洋才を和才に昇華しないと役立たないはずだ。

それが未発達のために、コーチングとはなにかエニアグラムとはなにか・・・といった説明をして研修だといっているような、おかしな現象が起きているのではないか。

JumpEye

公式サイト:http://www.jumpeyecomponents.com/

非営利目的で個人利用ができるプレイヤー(2009-04-12現在34518人が利用中)

admin's picture

ダイアルアップ時代の教訓

快適なレスポンス時間は0.5秒

いまや自宅でDSLやケーブルモデム経由のブロードバンドでインターネットに接続している人が大半を占める。私はブロードバンドでも一番遅い8Mbpsで接続している。実効スピードは2Mbpsくらい(gooスピードテストで計測)である。IE6/7は遅くてイライラさせられることが多いので使わないが、FirefoxやOpera,Chromeではほとんどのページが1秒以内で表示される。

しかし、広告バナーがテカテカと表示されていたり、ウィジェットが張ってあったりするページ、、あるいはYouTubeなどの動画サイトを開くときは数秒待たされることがある。数秒を越えると途端にイライラするのは私だけではないだろう。昔CADソフトの開発に従事していたとき、人間が気持ちよく使える応答時間の設計目標は、0.5秒だった。

この基準からすると、実効スピード2Mbpsで接続しているとき、気持ちいいレスポンスが期待できるWebページのサイズは100KB以内ということになる。テキストが中心のブログでは、ウィジェットや動画、音楽がない限りは軽快に閲覧できる。

admin's picture

日本のネット普及率75%

総務省が2009年1月に実施した通信利用動向調査によると、

無料セキュリティソフト

このページを最初に書いたのは三年前で、改版していない。多くのPCアプリケーションをクラウドに移行し、いつPCが汚染されても、壊れても言いようにしているので、ウィルス対策にはあまり神経を使わなくなった。運営サーバのセキュリティ確保に重点を置いている。しかし、PCが使えなくなるとウェブ制作・メンテに支障が出るので、PC側でもそれなりの対策をしている。これまでのところ無料のセキュリティソフトで事足りている。

マイクロソフトからも無料ダウンロードできるセキュリティ対策ソフトが提供されている。古くはVistaから標準搭載されるようになったWindows Defenderがある。これは、MS社が2005年に買収したGIANT Company SoftwareのAntiSpywareをベースに開発され、2006年10月から提供が開始された。Windows7ではDefenderはWindows Action Centerに統合された。

よく使うスタイル

Sitesで追加したスタイル

2013よりBootstrapを採用。アイコンglyphiconを使う。新規にglyphicon.cssを作成した。ただしsitesでは、その一部をstyle.cssに追加した。〔例〕<i class="icon-firefox"></i>

admin's picture

コンカツ・リカツ

「日本では44秒に一組が結婚する一方、2分4秒に一組が離婚している。そして、4人に1人が未婚のまま生涯を終えるだろう・・・といわれている。」

今夜からはじまった連続ドラマ「コンカツ・リカツ」の出だしの文句だ。一年前のTBS金曜ドラマ「アラフォー」が面白かった。いまを生きる女性にとって、本当の幸せとは何かを問いかけたドラマだった。天海祐希のコミカルで飄々とした姿勢に好感が持てた。

こんどはNHKが「婚活時代」を原案にドラマ化したが、やはりアラフォー世代の生き方を問う話だ。

我が家にはアラフォー世代はいないが、クリスマスケーキ世代の娘三人がいる。三人ともコンカツをしている気配がない。

コンカツ用語

admin's picture

英語は当たり前

英語国民は3億人に対し、英語を外国語として使う人は17億人。
後者の人と英語で話して一緒にビジネスをすることが多い。

強弱が大切。言いたいことを強く言う。
とにかく口数を多くして、伝える努力をする。

一緒に考えてもらう。 「お前が言いたいのはこういうことか?」といってくれたら、「そうだ!」といえる。

大事なのは読む力、考えて書く力だ。

教養が大局観、長期的な視点をつくる。伝達する手段よりも伝達の内容が圧倒的に大切だ。

読み書きをきちんとやらないと話せない。
ある程度知識があれば勇気を持って話す。
私の英語はこれです。分かってください。

 

admin's picture

脳活用法

113人のプロフェッショナルたちに共通した特性とはなにか?人を育てることと自分が育つことは同義である。社会的動物である人間とは、お互いに相手が育つことを助け合う存在だ。それが、脳科学者・茂木が113人のプロフェッショナルとの対談から導き出した結論のようだ。

人を佐田輝ことのポイントは「脳の自発回路を刺激すること」、そして自分が育つためのポイントは「後悔をすること」だという。

自発性

  • 育てのプロは、敢えて教えない。
  • ひたすら観察しながら待つ
  • 芽を見つけたら、すぐ本気で導く

相手の自発性を尊重することが最大の効果を引き出す。

育てのプロたちは黙って観察する。子供たちのこれって何だろうという疑問、やってみたいという興味を見つける。自発性の芽を見つけたらすぐに行動を起こして導く。

知りたいという欲求が高まると脳はその答えを受け入れようと準備する。空白を埋めてほしいと記憶のシステムが望む。そのとき求めていた答えで埋められると記憶に定着。ドーパミンが放出され、快感を得る。

少し無理めのことを任せる。「少し難しい」というのが大切で、あまり難しすぎるとやる気を失わせる。

admin's picture

国民のためのセキュリティ

総務省が管理・運営する「国民のための情報セキュリティサイト」がある。電子メールの仕組みを説明する分かりやすい資料がないかと見ていて気が付いたことがある。やたらと業界用語が多く、不親切な説明だけでなく、間違った説明があるということだ。

「インターネットの仕組み」の説明で、ネットワーク、プロバイダ、メールサーバ、Webサーバ、クライアント、電子メール、IPアドレス、DNSサーバなど一般の国民にとっては訳がわからないコトバのオンパレードである。総務省はたんなる手配師で金だけ出して、業者に作らせているだけなのだ。お金をもらった業者は、業界仲間にしか分からない言葉を使って書いているというわけだ。

コトバだけの説明では分かりにくいということで、アニメーションも作って掲載している。これは一般人向けには分かりやすいだろう。しかし、具体的な言葉を使った、具体的な使用環境を踏まえた説明がないので片手落ちになっている。

コトバの説明もあるが、たとえばWebブラウザの項では「ホームページを閲覧するためのソフトウェア。代表的なソフトとして、Internet ExplorerやNetscapeがあります。」と書いてあるだけだ。

Syndicate content