WiMAXインターネット

Share  

先週からWiMAXサービスを勉強している。モバイル環境を見直す一環だ。固定・モバイル・携帯のクラウド基盤の整備といっても良い。各社のサービス・料金プランは複雑だ。Hidden costも隠れている。いくら調べても完全には理解できないから見切り発車するしかない。

自分の要求を明確にするために、まずは現在の接続環境を整理しよう

A. 自宅の接続環境

2010年5月にYahoo! ADSL 8Mbpsから、@nifty auひかり100Mbpsに切り替えた。ADSLモデムが8年前のもので動作が不安定になったことと、月額使用料が1500円安くなるのが切り替えの理由だ。数100MB以上のファイルをダウンロードするときは格段に速くなったが、Web閲覧やクラウド環境での作業での体感スピードは変わらない。ADSL実効スピードは2~3Mbpsだった。回線の混雑具合やサーバの負荷の方が体感スピードに影響を与えるからだ。

自宅のLAN環境は、Yahoo!モデムにAirport(有線4+無線1)を接続していたが、auhikariモデムにルータ機能があるので不要になった。LanDiskもアクセスが遅いので使わなくなった。クラウド環境(容量は無制限で月5ドル)が中心だ。

B. モバイル環境

自宅以外(モバイル)で接続するときは、USBタイプのEアクセスを使っている。課金を携帯と同じアカウントにできる利便性からSoftbankにした。月額5000円だ。使わなければ1000円だが、一回でも使うとすぐ5000円になってしまう。「月1000円!信じられない!」と宣伝していたが、明らかに欺瞞に満ちたコピーだった。端末(携帯業界用語で、USBダイアルアップモデムのこと)C01LCの購入価格が割引キャンペーンだったので買った。1年で陳腐化し、途中キャンセルで1万円くらい捨てる覚悟だった。最大7.2Mbpsも嘘だと分かっていた。2Mbpsでればいいと思った。実際200KBくらい(1.5~2Mbps)だ。

昨年、奈良の実家で一人暮らしをする母の介護があって帰省することが多くなったので、実家でもインターネット接続できる環境が欲しかった。首都圏ではルノアールやマクドナルドでYahoo!モバイル接続(月300円くらい)できたが、旅先でも接続したいので、Eアクセスにしたということだ。

C. 携帯からWebアクセス

定額のパケ放題(月額4500~6000円)を使っている。従量プランもあるが、実質上は無意味だ。数ページ見たら6000円になってしまうからだ。Webサイトを制作していると、携帯からのアクセス可能性をチェックする必要があるから、すぐパケットの制限を超えてしまう。

日本にはケータイ文化があるため、携帯端末でもWEBページを閲覧できるようにした方がいいのは明らかだ。しかし、PC/携帯両用にするのは、Web制作者にとっては厄介な作業だ。携帯の画面サイズや容量制限などを配慮しなければいけない。iPhone, iPad, iPod touchなどアップルの戦略には目を見張るものがある。PCと同じように閲覧できるように設計されているので、Web制作者は楽になる。

Googleもスマートフォン戦略を強力に進めている。最近 Android が au に搭載された。「ケータイの才能を引き継ぐスマートフォン」を目指している。検討の価値があるが、家族割のあるソフトバンクから移行するのは難しい。iPhone4も魅力だが、iPad, iPod touchのほうが用途が広いかも。携帯電話は昔から使う習慣がないからだ。

携帯ブラウザとPCブラウザ

携帯ショップではじめて聞いて理解しにくかったことの一つだ。ショップの案内パンフレットにはパケ放題で定額4500円(およそ)としか書いていないし店員もそれだけしか説明しなかった。ところが、「PCブラウザを使うと月額6000円!」ということが分かった。これも消費者に対する欺瞞だというのは言い過ぎか?ワンクリックしてブラウズしたらプラス1500円になる!

Webを作るときに携帯からの閲覧は意識していなかった。画面サイズが小さく操作しにくいからだれもアクセスしないし、第一不特定多数を対象にしない個人サイトだと、携帯アクセスを配慮する必要がなかった。

SNS運営で携帯アクセスする人のことが気になっていたが、使っているソフトがちゃんと対応していたのでカストマイズは少しで済んだ。ただ、携帯から写真付きでメール投稿すると時刻表示がアメリカ時間になる。調べてフィックスしようと思っているが、時間と技術がないので放置したままだ。

WiMax接続

やっと本題になった。今日書こうと思ったのはWiMAX接続サービスのことだ。WiMAXにする必要性や経済効果を検討する上で、現在の接続環境をレビューしようと思って指の動くままに書いた。

整理すると、自宅auひかり5000円 + Eアクセス5000円 + 携帯6000円 = 16000円
毎月16000円発生している。いや、携帯ハードの割賦などがあるから月18000円くらいになるだろう。

電話やほかの有料・無料サービスなどはほとんど使わないから、インターネットに接続する環境だけで18000円かかっているといってもいい。年間20万円以上だ。パソコンの寿命(買い替え期間)が大体3年で、いまは一台3万円で買える。3年間でパソコン投資は3万円に対し、インターネット接続費用は、60万円!大きな差がある。

米国のレンタルサーバは容量無制限で、日本円にして月500円くらい。ローカルの外部HDDを買う必要がなくなったし、買ってもいまや1TBが5000円だ。数年前は数万円だったから、価格破壊が急速に進んだということ。

クラウド環境を整備することが経済的にも利便性でもベターだということだ。一番の課題がインターネット接続のコスト削減になっている。前述したA.B.C.三つの環境を一つにできないか?Androidスマートフォンに一本化できて、月額支払いが5000円になるといいのだが、WEB制作には向かないだろう。パソコンは必須だ。

一つの接続サービス契約で、携帯・パソコンがモバイルでつながるのが私の欲しい環境だ。いま手に入る機器やサービスを検討した結果、期待に応えてくれるのがWiMAX、モバイルWi-Fiルータだろう。カバー率ではドコモがほぼ100%(FOMAプラスエリア)でベストだが、スピードは7.2Mbpsで月5000円弱(BF-01B)。Eモバイルも同じだ。

UQ WiMAXは、下り40Mbps,上り10Mbps(いずれも最大)で、1年契約月額3880円だ!現在使っているEモバイルUSBをキャンセルしてペナルティを払っても安くなる。

これで決まり!と思ったが、カバー率が55%で場所に使えないという問題がある。奈良の実家ではギリギリで使えるかもしれないが、八ヶ岳周辺ではほとんど使えない。横浜など首都圏では大丈夫そうだが・・・と思案してしまうが、解決されるのは時間の問題だと思う。

さて、どこからどんなプランのWiMAXを買うかとなると、これも厄介な選択だ。価格ドットコムで調べた。

高速モバイル徹底比較

         月額    初期費用   期間限定割引 1年間月額   2年間    下り
FOMA     4515円   3675円    525円    4778円    4646円   7.2Mbps
E-Mobile   3980円   無料     13130円     3148円    3564円   21Mbps
Softbank   4996円  26835円  19840円    5579円    4764円   7.2Mbps
So-net/UQ  4910円   無料     30795円     2580円    3745円   40Mbps
@nifty/UQ  3854円   1800円  34689円    2850円    3352円   40Mbps

各社のサービス・料金プランは複雑だ。キャンペン期間中の割引もあるので料金比較も複雑になっている。「1年間月額」と言っているのは、1年間に支払う金額を月あたりに換算した料金である。2年目以降月額がいくらになるかを知っておく必要がある。

UQ WiMAXと直接契約すると、「1年間FLATパスポート」が月額3880円だ。1年単位で更新される。月ごとの契約(FLAT)だと4480円だ。

So-netと@niftyはUQ WiMAXの再販業者の位置にある。@nifty WiMAXの場合で見ると、@niftyキャンペーン期間中(~2011/1/31)に契約すると登録手数料や登録月使用料の免除、機器価格の割引などがあり、価格ドットコムから申し込むと価格ドットコムの期間限定割引(12/31まで)として10000円がキャッシュバックされる。

〔例1〕@nifty WiMAX Flat 年間パスポート 【モバイルWi-Fiルーター】 Aterm WM3500R(NY) クレードルセット

Flat年間パスポートは、月額3591円だが、実際にはダイアルアップ料という意味不明の料金が上乗せされるので、月額3854円ということ。Wi-Fiルータ機器(Aterm WM3500R+クレードル)は通常21980円を、5000円で買える。価格ドットコム割引もある・・・などと面倒な説明があって分かりにくい。

要するに、1年間使う契約で通常、初期費用25615円+3854円x12カ月=71863円から期間限定割引33669円を差し引いて、月額に換算すると3183円(URoad7000SSの場合2850円)になるということだ。2年目からは月額3854円になる。1年契約なので途中キャンセルすると5250円のペナルティが発生する。

RTキャンペーン: (初期費用5800+3854[または3591]x11mo-10000)/12mo=月額3183[2850]円
価格ドットコム経由:RTキャンペーンと同じ。 []内はURoad7000SSの場合。2年目は月3854円

〔例2〕UQ WiMAX 年間パスポート(月3880円)なら、Aterm WM3500Rが5800円(2010/1/10まで)

Aterm WM3500R 
バッテリ8時間、120G、W105D70H14.8、IEEE802.16e、USB接続可能、有線+Wi-Fiルータ 802.11g(54Mbps)

 

★auひかりをキャンセルした場合

  • auひかり(月額4590円)をキャンセルするとペナルティは?
  • そのときau電話(インターネット電話)からNTT固定電話(アナログ)に切り替える費用は?
  • auひかりモデムの返却手数料は?
  • @niftyユーザIDやメールアドレスはどうなる?