Webスライドショー作成

Share  

Javascriptを使ったスライドショー表示

Snanailという古いフリーソフトのツールがある。写真ファイルを選択し、いくつかのパラメータを設定してボタンを押すと写真の一覧あるいはスライドショーを表示するHTMLページを生成してくれる。スライドショーはJavascriptを使っているので、携帯でも表示できる。

このJavascriptを改変してテンプレートにした。ファイル名を001.jpgから連番で作っておけば、このテンプレートでスライドショーを表示できる。phpSlideshowの場合はファイル名がなんでもよいし、ファイル数も問わないので便利だが、ローカルでは使えない。

Javascriptを使ったHTMLファイルだとWeb/ローカル兼用で使えるのが便利だ。ファイル名をすべて指定しないといけないが、001からの連番にしておけば大した手間はとられない。

※ページを開いたときにスライドショーを開始するときは、bodyタグで onLoad="animate();" を追加する。
※embedタグでBGMにmidiを使った場合、Quicktimeプラグインが必要だ。

Slideshow 

[1]開始 [2]停止 [3]前 [4]次

Image Rotator

HTML5にも対応したスライドショープレイヤー。JW Playerのひとつ。

★ブログに書いた→http://agorian.com/web/photo/000335.html

WS-Slideshow

phpSlideshowとJWPlayerを合わせた感じのFlashを使ったスライドショー。本体のws-slideshow.swfファイルサイズは70KB。非商用の個人用途では無料。画面にロゴが表示されて目障りである。実際に使うためには購入しないといけない。エレナ・レンスカヤは購入版を使用。