健康

Share  

体をまっすぐに伸ばせば見える世界が変わる (2007年2月)

 陸上コーチ・高野進。人が健康に生きるために大事なことは、まっすぐな姿勢で立つことだという。「姿勢が悪くなってくると、重たい頭が中心からずれるので、腰痛になったり内臓の位置が悪くなったりするんです」 

 忙しいビジネスマンのために、限られた時間で効果を上げる運動法がある。

  • まっすぐな姿勢で歩く (健康に生きる基本)
  • つま先立ちニーアップ (インナーマッスルを鍛える)
  • かかとを先につけて階段を上がる (体の後ろ側の筋肉を鍛える)

笑いが免疫力を高める

NK細胞が侵入した細菌、ウィルス、がんなどの異物を攻撃して破壊してくれる。パーフォリンというたんぱく質を放出して撃退する。NK細胞が活性化していないと風を引きやすく治りにくい。がんに罹るリスクも2倍になる。

人工的に免疫力を上げてがんを撃退する治療法、がんペプチドワクチン療法が開発された。第4のがん治療法として期待されている。2010年5月、厚労省はこれを高度医療に認定し、前立腺がんの場合のみ保険の一部併用を認めた。

NK活性はNK細胞ががん細胞の何%を殺したかで測られる。20歳がピークで40%、60歳を超えると20%以下に低下する。NK活性は朝上がり夜下がる。

徹夜をしたり、試験など大きなストレスがあるとNK活性が下がることがある。バカは風邪ひかないってそういうこと?

免疫力を高めることが若さと健康の秘訣となる。ではどうしたら活性化できるか?昨年、「ユーモアのある映像を見て大笑いした人はNK細胞が顕著に活性化した」・・・という報告があった。

笑うと脳で神経ペプチドが分泌され、この物質がNK細胞に付着することで免疫機能が活性化するという。

 

足腰の筋力が衰えた人の体操

  • スクワット10回
  • 片足立ち20秒
  • 速足で歩く

閉眼片足立ちによる筋力測定

筋力だけでなく総合的なバランス能力の目安を判定できる。

  • 20代は1分以上
  • 50代前半 21秒 50代後半 14.5秒
  • 60代前半 7秒  60台後半 5.5秒