WiMAX乗り換え比較

Share  
jack's picture

Nifty WiMAX(現状):3963円/月 (メール月250円を含む)
 ⇒WiMAX2+ Flat 2年ギガ放題 3697円(税込)⇒2年後:4510円/月
 ⇒WiMAX2+になっても上りは同じ10Mbps。サーバへのアップロードのほうが多い使い方では2+にする意味がない。
※旧WiMAX下りは40Mbpsだったのが13.3Mbpsに減速された。2015年2月より順次変更し9月末に完了。
当時のNifMoキャンペーン:WiMAX 2+ Flat 2年 auスマホ割へ切り替え3920円⇒2年間3420
※WiMAX2+速度制限あり⇒直近3日間で10GB以上利用
 またはau LTEによる月間7GB以上利用時、超過以降月末まで128Kbpsに制限。⇒au LTE使う意味がない。
※NifMo/楽天モバイル 3GBデータSIM 900円(+SMS1020円)を3つ契約したほうが安い。

完全無制限だった頃のWiMAX


下り最大40Mbps 月3696 1年契約で、途中解約料5000円と良心的だった。いまのWiMAX2+は、2013年下り最大110Mbpsになったが、『3日間3GB制限』のような速度制限(2015年5月⇒2017年2月10GBへ緩和)が付くようになり、月額4380円に値上がりとなった。しかも2年縛りで違約金9500円~19000円と、利用者にとってはサービスの改悪が目立つ。

旧WiMAXは下り最大40Mbps、上り最大15Mbpsで、実効速度は横浜港南区の田舎では、下り15Mbps、上り5Mbpsくらいである。これくらいあれば動画視聴も含めて利用上の問題はないというのが実体験である。事実、その実効値を知って固定回線のひかり100Mbpsの契約を打ち切った。ひかりでもWiMAXでも体感スピードは同じだった。

WiMAX2+も初期の頃は無制限で使えたそうだが、2015年頃から速度制限がかかるようになった。ひどいときは200Kbps以下になり、ブラウザさえ動かなくなるような事態が発生するようになった。旧WiMAXにも同様の悪影響がでるようになった。神対応のサービスともいえた旧WiMAXの終焉である。40Mbpsだった下り最大も13.3Mbpsに削減された。しかし、2017年11月現在でも実効スピードは10Mbps/5Mbpsあり、利用上の劣化はあまり感じない。スマホLTE(公称150Mbps)のほうがずっと遅いことさえあり、ストレスが溜まる。

WiMAX2+価格比較 ※太字は3年間の総支払額(税抜)

ギガ放題 無制限月7GB 制限備考
GMOとくとくBB
3609x2+4263円x34
152,160円⇒MX04:121,160円
MX03:126,060円
3609円x36
129,924円
高額キャッシュバックで有名。12/1~31 WX04x3年▲30100円
2年クレードル: W04▲28000円 WX03▲26100円
Broad WiMAX
2726円x3+3,411円x21+4041円x12
145,674円 ⇒ 128,301円
2,726円x24+3326円x12
105,336円
大幅割引を初めたことで有名。長期利用でその恩恵は大きくなる。ハイスピードプラスモードを使うと追加料金1004円/月
auスマホセット月▲1000円
So-net
4179円x36
150,444円
2980円x36
107,280円
業界大手プロバイダー(ソニー系)WX03限定:2,980円x18+3,280円x6+4,179円x12=
123,468円
BIGLOBE
3695円x2+4380円x34
156,310円
3695円x36
133,020円
WX04:キャッシュバック30000円
DTI
3500円x3+4300円x33
152,400円
3500円x36
126,000円
シンプルな料金体系とキャッシュバックキャッシュバック30000円
UQ WiMAX
3696x3+4380x33
155,628円税込み
17万円以上
3696x36133056円税込み

15万円
本元のUQコミュニケーションズが運営※旧WiMAX月3963円(niftyメ-ル含む)※UQ Flatギガ放題価格体系
※赤字は月額定価。太字は3年間総支払額
2017年末キャンペーン対象プランの3年間総支払額でみると、業界最大のキャッシュバックで有名なGMO"とくとくBB"が最安値になる。ただ払い戻しが1年後で手続きが面倒なのでもらい損ねるリスクがある。毎月支払額で最安値のキャンペーンをしているのがBroad WiMAXである。最初の2年間だけでなく三年後の月支払額が最も安い。各社共に「いかに安いか、いかに得か」に焦点を合わせて売り文句を並べている。しかし、そこには必ず裏、隠れた情報があって、最初に受けた印象ほど安くはなっていない。表面に惑わされると後悔する。

Broad WiMAX 運営リンクライフ社

 キャンペーン割引18,857円  (WX04クレードル 3688円)
  • ギガ放題 2726円x2ヶ月+3,411円x22ヶ月+4041x12ヶ月= 3年間 128,986円/税込139,305円
  • 7GB制限 2726円x24ヶ月+3326円x12= 3年間 105,336円/税込113,763円

ハイスピードプラスエリアモード(au 4G LTEのこと)を利用した場合 追加料金1,004円/月
3年契約にすると無料。しかし、7GB/月の制限あり⇒これはWiMAX2+にも適用。つまり、LTEを使うと7GB制限の契約と同じになる。

※最大440Mbpsといっているが、エリアによっては最大110Mbpsで、しかもそれは下り速度。上りは旧WiMAXと同じ10Mbpsである。したがって、サーバ用としては利点なし。

※横浜市内での実測値 下り40~80Mbps

※解約金:契約翌月から12ヶ月以内の解約は\ 19,000(税抜)、
  13ヶ月~24ヶ月以内の解約は\ 14,000(税抜)、 26ヶ月以降は\ 9,500(税抜)
  25ヶ月目が契約更新月で、この期間に解約すれば解約金は0!

※Wi-Fiルータは、LTEを使うときWX04がお勧めだが、3年契約になる
 3年プラン:実質月額3,583円でギガ放題とLTE通信を利用できる。
 7GB制限:実質月額2,926

WX03/W04/WX04の違い

  • エリアや速度の違いはない。速度はいずれも下り440Mbps、上り30Mbps
  • WX04/W04の充電ケーブルはUSB Type C(急速充電が可能)になっている。
  • WX04は電池持ちが良くなっている。
  • WX03は、WiMAX2+とBluetooth、WX04/W04はさらにau 4G LTEも使える
  • LTEを使うと+1,004円/月で、しかも7GB制限になってしまう!
  • WX04:128g、WX03:110g、W04:140g

3WiMAX powered by KDDI というサイトがある。(株)リンクライフの取次店であるElevenが運営している。「業界最安級実質月額2375円の価格を実現!キャッシュバック33,000円!」が売り文句だが、これは7GB制限あり、端末はU01のときである。WX04/WX03は対象外。
uqmobile-store.jpというオンラインショップがある。UQmobileロゴで、ファビコンもUQコミュニケーションズと同じサイトがあるが、これは販売代理店で、しかも運営はBroad WiMAXと同じリンクライフだった!じつに紛らわしい。WEBの説明は UQ mobile だと装い、25000円のキャッシュバック・キャンペーンを謳っている。
※UQ mobile公式オンラインショップは、こちらwww.uqwimax.jp/shop/である。運営元もUQ communicationsのURLは、http://www.uqwimax.jp/である。会社案内はhttp://www.uqwimax.jp/annai/

〔参考〕