携帯・スマホのIP接続

Share  
jack's picture

ウィルコムDigno Dual2が気に入った。iPhoneより画面が大きく軽量で連続通話時間も2倍になっている。手に持ってしっくりくるのがいい。デザインも価格性能も申し分ない。大雑把にいうとソフトバンクiPhone5は7000円、au iPhone5は6000円に対し、Digno Dual2は5000円だ。しかも+500円でテザリングも可能。性能はHTC001+WiMAXをはるかに凌ぎ、費用は同じくらいだ。現在の携帯電話とWiMAXを解約し、Digno Dual2ひとつにすればパソコン、HTC、iPadからも追加費用なしにIP接続できる。

昨夜、ある懇親会に参加した。久しぶりの銀座だったので早めに行った。有楽町駅前のビックカメラで最近のパソコン、スマホ事情を学んだ。店頭に展 示している最新パソコンのほとんどは10万円超の高価格商品で、1.5GHz 2GBが標準になっているようだった。昨年発表の商品が買い得で、5万円前後で販売されていた。一年半前、HD動画再生・編集のために買ったパソコンとほ ぼ同じ性能・機能のものが半額になっていた。半導体業界で30年以上前にいわれたムーアの法則が、近年はパソコン価格性能でいまも続いているといっても過 言ではない。

スマホ商品は百花繚乱といったところだ。さぞかし選択に迷うことだろう。店員の説明を聞いて もガラケーだ、アンドロイドだ、LTEだといわれたって何のことか分からない人も多いことだろう。私の携帯電話は7年前に買ったSamsung製だ。一秒 に数行しかスクロールしないのでイライラする。3年前にワンセグTV付きの携帯(85000円)に買い換えたが、数ヶ月前にカメラが壊れ、液晶も壊れて メールが読めなくなったので引き出しに放置されていた古い携帯に替えて使っている。

パソコンも携帯も数年で買い換える消耗品のごとくなった。もったいない話だが、売る側からすれば買い替え需要を喚起しないと商売にならないのも事実だ。

スマホは2年半前に買った。Andoroidスマホだ。パソコン代替品のテスト用に、キャンペーンを利用して4800円で買った。接続サービスは最小限の毎月1295円の支払いだけだ。ネット接続はWiFiなので、パソコン用WiMAXを追加費用なしに無制限に使える。

ス マホを買うときに、ひとつのネット接続契約でパソコンも3G携帯もスマホもタブレット(iPad)も使えるのを探したがなかった。パソコンとスマホ、タブ レットをひとつのWiMAX接続契約で使うようにした。残るのは携帯電話だ!携帯でパソコンサイトを見た途端に毎月6000円チャージされるのはもったい ない。

やっと期待していた商品が出た!ドコモもAUもソフトバンクも既得権益を守るために発売できなかった商品が、ウィルコムから発売されていることを知った。今夜の民放TVを見ていたらCMも流れていた。

数 年前からの期待は、自宅PC、モバイルPC、携帯電話、スマホ、タブレットすべてがひとつのIP接続契約になることだった。ウィルコムが他社より低価格 で、これを実現したということか?時間がなくて詳しく聞けなかったが、これから確認をしていこうと思っている。現時点で把握しているのは下記のとおりだ。

    * ソフトバンク iPhone5へ機種変更 割引後2年間毎月6095円~8005円 WiFi接続不可
    * au iPhone5(16GB)へ乗り換え 2年間毎月5985円 WiFi接続可能(機種代金+毎月1295円)
    * ウィルコムDigno Dual2 月690円x24ヶ月+基本1295円+4G2980円(半年後)=4965円

    * LTE 最速75Mbps  実効10Mbps(東京)月当たり7GBを越えると128Kbpsになる。
    * WiMAX 最速40Mbps 実効3Mbps(横浜)パケット制限なし
    * ウィルコム パケットなしだと月1450円 使ったとき最大月2800円
+525円でテザリング可能(WiMAX契約より安くなる)

※PHS契約件数は、ピーク時の1997年9月、705万件から右肩下がりで減少し、2010年12月には365万件を切った。その後、次第に契約数は伸び、2013年2月には500万件を越えた。それでも全契約数の5%にも満たない状態だ。