飛耳長目

Toggle Menu

自営サイトやブログに関心を持って自作を始めてから10年になる。眠ったままの古いブログが散在する。オープンソースを使ったサイト制作などの実験場として作った「デジタル移民の冒険」も新規記事投稿は数ヶ月に一回くらいの頻度になった。デザインは7年前と同じだ。「飛耳長目」はメモ代わりに使っているが、これもデザインは4年前から変わっていない。Movable Typeを使ったブログは十数件あるが放置した状態だ。

それでもまた新しいデザインのサイトを作ってみようかという気が起こる。困った性分かも知れない。きっかけは旅先で知り合った人たちに撮った写真・動画、旅日記をお見せするサイトの必要性を感じたことだ。aagorian.comやelmblog.comをお教えするが、どこに何が掲載されているかは分からない。そのときの気分であっちこっちに書くから、本人も「さて、どこに書いたのだろう?」と探す羽目になる。 「青春18ぶらり旅」と題したサイトを作って、旅の写真・動画・日記を整理しようとしている。これまでも何度か試みたのだが…。

今回はちょっと本気になって取り組もうと思っている。昨年だったか、TripAdvisorというサイトで訪問した世界の都市を設定したら数百箇所に及んだこの三年間の日本だけでも100箇所を超えているだろう。これらを整理するためには、自分でも分かるようなメニュー体系をつくり、それをウェブで実現しないといけない。 手作りは非効率的なのでブログツール、メニューや動画再生のスクリプトなどを活用しないといけない。「そういえば昔こんなツールがあったな?」と思い出して探すが見つからなかったり、見つかっても使い方、カストマイズ方法を忘れていたり、ブラウザ(HTML/CSS)互換がなくなって動かなかったりする。日頃からの掃除・整頓・整理を怠っているからだ。

前置きが長く、愚痴をこぼすことになったが、ここで引用したトグルメニューのスクリプトも使いこなす勉強をしなおした。HTML/CSS/Scriptが相互に絡み、しかもブラウザ間の整合性や互換性をとるのに一苦労だ。一番の問題は、ほかのブラウザでは正常に表示されるのに、IE9だけが動かなかったりレイアウトが乱れたりすることだ。加えて、この1~2年、ChromeやFirefoxでも問題が発生することが目立つようになった。

動いていたのがある日突然動かないことに気づくことがある。ブラウザが自動アップデートするからいつバージョンが変わって動かなくなったのかを特定するのに時間がかかる。Chromeは自分でダウンロードしバージョンアップすることができない。勝手にバージョンアップされる仕組みなので問題が発生すると復旧が厄介だ。

最近はHTML5/CSS3対応、古いスクリプトやオープンソースなどの改版が多いので、日頃から意識していないとある日突然動かなかったリすることがあるので要注意だ。ブラウザ互換、アクセシビリティの確保には苦労する。ブラウザ機能・互換の比較を整理しておかないと余計な時間を取られる。

〔例1〕2005年6月作成 (リンクは適当で切れていたりする) http://agorian.com/script/menu/toggle.html

〔例2〕2005年5月作成(元のスクリプトは2004年3月) http://agorian.com/script/menu/halomenu/index.html

〔例3〕2006年5月作成 http://agorian.com/script/menu/halomenu/original/index.html

〔例4〕2012年9月作成開始(例1のCascading Menuをカストマイズ) http://agorian.com/trip/index2.htm

©2006 Sigma Social Network