admin's blog

Share  
admin's picture

「にっぽん縦断こころ旅」

こんな旅をしたい!

admin's picture

脳科学者 中野信子

1994年 東大入学 変な人がいっぱいいたので安心して居心地が良かった
2008年 MENSA会員 IQ上位2% 茂木 宇治原 
2011年 結婚 

食べすぎを抑えるには脳を騙す
食べたと想像する 水を飲む こんにゃくを食べるなどして
満腹中枢を刺激する

テストステロン Hをしたい 浮気する傾向が強い
筋肉が発達 仕事ができる IQが高い男
するしないは浮気遺伝子 6対4 生殖に有利だからそうなっている

セロトニン(安心感、幸福感) 生理前後は下がる
男がキャバクラに行くのは、性行為ではなく社会的報酬を買いに行く

男は視覚領域を使う 明るくする 揺れるものを見せる

admin's picture

鎌倉古道

横浜の港南区と戸塚区の境に丘陵地帯がある。その一角が「下永谷市民の森」で広域避難場所に指定されている。この森から南へ、日限山、舞岡公園、本郷台を経て北鎌倉に通じる「鎌倉早駆け道」があったと聞いた。しかし、昭和50年代から始まった大規模住宅団地建設で、その痕跡はほとんど消えてしまった。

わずかに面影が残っているのは二箇所。ひとつは市民の森の西側を南北に走る道だがわずか200mくらいである。二つ目は市民の森から南へ住宅街を抜けたところから始まる約1.5kmの尾根沿いの道である。しかし1kmくらいは片側に住宅が並んでいる。途中に舞岡に下る急な坂道があるがそこから先に獣道のような抜け道が続いている。下記はこの道の入口付近で撮ったパノラマ写真である。

admin's picture

Canon Map Utility

Canonデジカメ(EOS6D)付属ソフトのひとつにMap Utilityがある。GPSデータ付きの写真を取り込むと、写真を撮った場所を地図上に表示してくれる。有用なのはGoogle Earth用ファイル(kmz)に書き出す機能で、ウェイポイントの写真(縮小画像)が一緒に書き出される。このkmzファイルをGoogle Mapで読み込むことができる。ウェイポイントの画像は取り込めないが、目印(アイコン)として表示される。kmz書き出し機能以外は、Kashimir(無料ソフト)のほうが機能豊富で使い勝手がよい。

Map Utilityに、デジカメで記録したGPSデータを読み込めるが、地図上にトラックが表示されない。理由は不明だ。kmzに書き出すことはできる。ウェイポイントの写真とGPSデータそれぞれのkmzファイルをGoogle Mapに読み込んだ例(下永谷市民の森)を作った。ウェイポイント説明の写真は、ウェブにアップして画像URLを一枚一枚指定して作成した。

admin's picture

We are the 99%とピケティ・ブーム

先月、ピケティ教授が来日し、日本でも彼の話題が沸騰しているようだ。マスコミで盛んに取り上げられている。いくつかを録画し繰り返しみた。

admin's picture

世界で最も心が裕福な大統領

2012年7月、リオ会議での感動的なスピーチで一躍有名になったムヒカ大統領が退任された。マスコミで、「世界で最も貧乏な大統領」として話題にされているが、ムヒカ氏の考え方からすればそれはまちがいである。「世界で最も心が裕福な大統領」だったというべきであろう。

「貧乏なひととは、少ししかものを持っていない人ではなく、無限の欲があり、いくらあっても満足しない人のことだ」

だからムヒカ氏は貧乏ではない。無限の欲を追求する市場経済、競争・消費社会に疑問をもつ謙虚な人柄のムヒカ氏は、貧乏ではなく非常に心が裕福な人なのである。

admin's picture

墓地と墓石

生前建墓 赤色で記す。生きているので赤い血を意味する。
個人墓、家族墓、合葬墓(もともとは無縁仏用?)

寺院墓地(檀家用)160万円~
霊園、永代供養墓(合葬墓) 15万円・35万円

線香は仏の食事なので拭きかけるのは失礼に当たる

東向きは価格が1割高い。太陽が昇る方向なので縁起が良い。
極楽浄土がある西向きも良い。気持ちの問題。

0.825㎡ 310万円(土地150万円+石代160万円) 1.25㎡ 620万円
夫婦墓(めおとばか) 兄弟、姉妹、友人でもふたりで入る墓
宇宙葬 100km以上で散骨 45万円から
参り墓 高野山 戦国武将の墓がひしめいている。

死は穢れ。悪霊がついていると考え、遠くに埋めに行った。
江戸時代に檀家精度ができ、現在のような形になった。

墓石  中国産(たくさん取れるので安い) 45万円
少し緑がかったフィンランド製、南アフリカ産 95万円
光の当たり方でブルーに輝くインド産 115万円 (吸水率0なので光沢が失われない)
日本製高級墓石 庵治(あじ)石(香川県)500万円

洋型(横長)急増し、70%を占める。

よみうりランドにお釈迦様の骨が祀られている。

admin's picture

503 ERROR

古い話だが2007年から2010年にかけて自分のサイトにアクセスすると503 Service Temporarily Unavailableが頻発した。一時的にサイトにアクセスできなくなる現象だ。レスポンスが極端に悪くなることも頻発した。使用契約をしているサーバの品質が悪いからか、性能が劣るからか? 

それとも自分のサイト設定(cPanelというツールを使う)が間違っているからか、作成したページ(CSS/HTML)が間違っているからか、使っているスクリプトがおかしな動作をしているからか? それとも使っているサーバアプリケーション(Movable Type, Wordpress, Drupalなど)の不具合なのだろうか? それともサーバ使用契約条項に違反(ファイル数が10万以上、ウィルスを発生、脆弱性のあるアプリを更新していない~など)しているからか? あるいはサーバやドメインの契約期限切れか?・・・等々と悩んだことがあった。

admin's picture

越の国・渟足柵

日本の古墳時代を勉強していて「越の国」の表記に出会った。「孫子」の記述を語源とする呉越同舟の「越」かと思ったがそうではなかった。越は紀元前の春秋時代に存在した王朝だから日本の古墳時代の歴史とは無関係だ。調べると「えつ」ではなく「こし」で、現在の北陸地方から新潟県の弥彦山あたりまでを「こしのくに」と呼んだ。

古墳時代までは、敦賀の気比神宮から船出し日本海を北上して、新潟県の弥彦神社がある弥彦山(634m)を右手に見るまでの地域を「越」と呼んだ。7世紀には「高志」(古事記)または「古志」(出雲国風土記)の記述がある。その後、大宝律令(689-692)によって越前国、越中国、越後国の3国へと分割された。さらに後に越前国から能登国、加賀国が分離され、また越後の出羽郡が出羽国(山形県庄内地方~秋田県)になった。分割後もこの地域を「越州」と呼ぶことがある。

admin's picture

MySQLデータベース整理

数日前にBluhost社からMySQLデータベースのテーブル数が多すぎるため性能悪化を招いているとの通知がきた。通常1000を越えるとパフォーマンスに影響するとのことだ。
    Total MySQL Database Size: 608.37 MB
    Total MySQL Tables: 1145

    Largest MySQL Database Size: 313.29 MB
    Largest MySQL Table Count: 98

かつては無制限だったが、性能が悪化するとの理由で制限するようになった。ひとつのアカウントあたり最大1000テーブルまたは最大3GB、ひとつのデータベース当り1000テーブルまたは2GBである。

12月11日までに対応しないとdeactivateするとの警告だ!
大規模データベースを使いたいのなら追加の有償プランがあるという。そのプランは最近提供されたものだ。サーバの性能をいたずらに悪化させるような使い方を排除する手立ての一つであろう。

admin's picture

Drupal6.34

セキュリティアップデートを実行した。半年振りの見直しで、また不具合を見つけた。過去にも発生した不具合で、ログインしていない状態での「最新ブログ記事」のリンクが、http://sites.agorian.com/drupal/node/1206になる。正しくはhttp://sites.agorian.com/node/1206またはhttp://agorian.com/drupal/node/1206である。

サブドメイン名sitesがhttp://agorian.com/drupal/であるが、これが機能していない。最新ブログ記事からのリンクに限って発生する。トップメニューの「最新記事」からは正常にリンクされている。

この現象は最初に6.12で発生し、原因不明のまま自然復旧した。6.31でも発生していたようだ。ログインした状態では、この問題はない。通常ログインして使っているので気付かなかった。

このサイトは自分の備忘録に使っているので、一般の閲覧者のことをあまり配慮していない。しかし、ときどきFacebookに共有投稿するので、Facebookユーザが参照したときに不具合があるのは好ましくない。調査してフィックスする宿題ができた。

admin's picture

笑福亭鶴瓶の人に好かれる10の条件

「誰からも好かれる術」を笑福亭鶴瓶に学んだら(ぱる出版)…というタイトルの本から。著者は心理学者の内藤誼人。

  1. 上機嫌は人に好かれる必要条件
  2. 話しかけやすいオーラが人を惹きつける
  3. 人当たりの良さを磨くトレーニングをしよう
  4. 挨拶の自動化が人間関係の基本
  5. あらゆる縁を大切にしよう
  6. 能動的に動かなければ人間関係は生れない
  7. 人の心を開くコツは丸裸にある
  8. 10年来の付き合いが信頼を生む
  9. カラフルな人間がモテる
  10. 悪口は自分の品格を下げる
admin's picture

火葬から納骨まで

夜伽、通夜、葬儀、告別式が終わって火葬にした後の法事について整理しておく。

火葬場から遺骨安置

火葬場で拾骨するとき、仏に見立てられる骨を小さい遺骨箱に入れ、脚骨や胸骨などは大きな骨壷に入れる。ここでは便宜上、遺骨と骨壷と呼ぶ。仏に見立てられる骨は、背骨の第二頚椎のこと(火葬場の人の説明)である。「のどぼとけ」というが、成人男子の喉仏(喉頭隆起)のことではない。喉仏は軟骨なので火葬すると焼失する。[参考]のど仏と軸椎・美しいウソ (ネットには間違った説明もある)

骨壷には、竹と木でできた箸を一本ずつ持って骨を拾って入れる。最後に頭蓋骨を割ると三つに分れるので、これでふたをするように入れる。木の箸は大地に根を張っているもの、竹は天に伸びていくものの象徴である。天地をつなぐ二つの箸で骨を拾い、魂が地から天に昇っていくことを祈るならわしである。

admin's picture

魔王が棲む魅惑の城

TV録画ファイルを整理していて信長の城とその戦略を紹介した番組を見つけた。ひとつは表題の「魔王は棲む魅惑の城」である。信長は生涯に5つの城に移り住んだ。最初が那古野城、二番目が22歳のときに移った清洲城、30歳のときには美濃攻略のために築城(1563)した小牧山城に移った。

そして、美濃を平定した1967年、稲葉山(金華山)に移り、天守を新たに造営してこれを岐阜城とした。岐阜城を拠点に天下布武を唱え、楽市楽座を振興し、天下取りへの道を歩み始める。時に34歳のときである。そして最後が、かの有名な安土城である。

admin's picture

NHKアーカイブス

過去に録画したTV番組をブラウザだけで閲覧(Windows/Android)できるようにしているが、各放送局もネットで視聴できるサービスを提供するようになった。NHK番組については「NHKアーカイブス」または「NHKデジタルアーカイブス」というサイトがある。放送予定の番組紹介サイトもあり、番組名がETVアーカイブス「あの人に会いたい」、NHKアーカイブス「戦争証言」などがある。番組編成やアーカイブスの関係性が分からないので整理を試みている。

Syndicate content