admin's blog

Share  
admin's picture

日本のネット普及率75%

総務省が2009年1月に実施した通信利用動向調査によると、

admin's picture

コンカツ・リカツ

「日本では44秒に一組が結婚する一方、2分4秒に一組が離婚している。そして、4人に1人が未婚のまま生涯を終えるだろう・・・といわれている。」

今夜からはじまった連続ドラマ「コンカツ・リカツ」の出だしの文句だ。一年前のTBS金曜ドラマ「アラフォー」が面白かった。いまを生きる女性にとって、本当の幸せとは何かを問いかけたドラマだった。天海祐希のコミカルで飄々とした姿勢に好感が持てた。

こんどはNHKが「婚活時代」を原案にドラマ化したが、やはりアラフォー世代の生き方を問う話だ。

我が家にはアラフォー世代はいないが、クリスマスケーキ世代の娘三人がいる。三人ともコンカツをしている気配がない。

コンカツ用語

admin's picture

英語は当たり前

英語国民は3億人に対し、英語を外国語として使う人は17億人。
後者の人と英語で話して一緒にビジネスをすることが多い。

強弱が大切。言いたいことを強く言う。
とにかく口数を多くして、伝える努力をする。

一緒に考えてもらう。 「お前が言いたいのはこういうことか?」といってくれたら、「そうだ!」といえる。

大事なのは読む力、考えて書く力だ。

教養が大局観、長期的な視点をつくる。伝達する手段よりも伝達の内容が圧倒的に大切だ。

読み書きをきちんとやらないと話せない。
ある程度知識があれば勇気を持って話す。
私の英語はこれです。分かってください。

 

admin's picture

脳活用法

113人のプロフェッショナルたちに共通した特性とはなにか?人を育てることと自分が育つことは同義である。社会的動物である人間とは、お互いに相手が育つことを助け合う存在だ。それが、脳科学者・茂木が113人のプロフェッショナルとの対談から導き出した結論のようだ。

人を佐田輝ことのポイントは「脳の自発回路を刺激すること」、そして自分が育つためのポイントは「後悔をすること」だという。

自発性

  • 育てのプロは、敢えて教えない。
  • ひたすら観察しながら待つ
  • 芽を見つけたら、すぐ本気で導く

相手の自発性を尊重することが最大の効果を引き出す。

育てのプロたちは黙って観察する。子供たちのこれって何だろうという疑問、やってみたいという興味を見つける。自発性の芽を見つけたらすぐに行動を起こして導く。

知りたいという欲求が高まると脳はその答えを受け入れようと準備する。空白を埋めてほしいと記憶のシステムが望む。そのとき求めていた答えで埋められると記憶に定着。ドーパミンが放出され、快感を得る。

少し無理めのことを任せる。「少し難しい」というのが大切で、あまり難しすぎるとやる気を失わせる。

admin's picture

国民のためのセキュリティ

総務省が管理・運営する「国民のための情報セキュリティサイト」がある。電子メールの仕組みを説明する分かりやすい資料がないかと見ていて気が付いたことがある。やたらと業界用語が多く、不親切な説明だけでなく、間違った説明があるということだ。

「インターネットの仕組み」の説明で、ネットワーク、プロバイダ、メールサーバ、Webサーバ、クライアント、電子メール、IPアドレス、DNSサーバなど一般の国民にとっては訳がわからないコトバのオンパレードである。総務省はたんなる手配師で金だけ出して、業者に作らせているだけなのだ。お金をもらった業者は、業界仲間にしか分からない言葉を使って書いているというわけだ。

コトバだけの説明では分かりにくいということで、アニメーションも作って掲載している。これは一般人向けには分かりやすいだろう。しかし、具体的な言葉を使った、具体的な使用環境を踏まえた説明がないので片手落ちになっている。

コトバの説明もあるが、たとえばWebブラウザの項では「ホームページを閲覧するためのソフトウェア。代表的なソフトとして、Internet ExplorerやNetscapeがあります。」と書いてあるだけだ。

admin's picture

世界で最も注目すべき女性

勝間和代

  • 19歳 公認会計士2次試験合格(当時史上最年少)
  • 21歳 長女誕生 (娘三人の育児経験をネットで発信)
  • アーサーアンダーセン、JPモルガン、マッケンジー勤務
  • 30代前半 暗黒の時代を過ごす
  • 2005年 ウォール・ストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」に選出
  • 2006年 エイボン女性大賞を受賞(最年少)
  • 2007年 独立し、現在は経済評論家(兼公認会計士)
  • 2007年 内閣府男女共同参画局の「仕事と生活の調和に関する専門調査会」の専門委員
  • 2009年1月 男女共同参画会議の議員
  • 2009年2月 世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leadersの1人に選出
admin's picture

大学ランキング

 日本では「偏差値」とか「難易度」からのランキングがあるが、評価基準が明確なランキングはないようだ。世界の大学ランキングで定評があるのは、QS Top Universitiesである。2008年のランキングTop100に入っている日本の大学は以下のとおり。

19位 東京大学

25位 京都大学

44位 大阪大学

61位 東京工業大学

教育ママが獅子奮迅して、悪く言えば猪突猛進で、東大を目指す! いやもちろんご子息が目指すのだが、おなじ獅子奮迅するなら、世界トップ10の大学を目指してはいかがですか?

ちなみに日本で人気の高い早慶は・・・

181位 早稲田大学

214位 慶応大学


(書きかけ)

admin's picture

1929世界恐慌

歴史は過去を見ることではなく未来を見るために学ぶ。80年前の世界恐慌はどうして起こったのか?

3月4日に放送された「その時歴史が動いた」では、1929年「暗黒の木曜日がなぜ起きたのか、その背景とその後の混乱を紹介していた。

admin's picture

苦境に立つ韓国経済

NHKクローズアップ現代(09-02-24)

昨年の経済成長率(10-12月期、年率換算)が、日本ではマイナス12.7%に落ち込んだが、韓国はさらに厳しくマイナス20.8%だった。

韓国経済の特徴はGDPに占める輸出の割合が非常に高いことである。日本の場合は18%だが、韓国は50%にも上っている。

韓国と日本は、それぞれにとって互いに貿易第三位の間柄。密接な経済関係の中で、関係の動向は日本経済にも大きな影響をもたらす。

1997年 国が破綻しかけた通貨危機を契機に金融の自由化を急いだ。その結果、外国から大量の資金が流入し、韓国の対外債務は2001年の1200億ドルから2008年には4200億ドルに達した。

admin's picture

闇の職業安定所

(書き掛け)

2007年8月、名古屋市で磯谷利恵(当時31歳)さんが拉致殺害された。三人の犯人たちを結びつけたのは携帯のサイト「闇の職業安定所」。犯罪の共犯者募集などを行っていた、インターネット上の無料掲示板だ。まったく面識のなかった犯人たちはこのサイトで知り合った。

偶然通りかかった利恵さんを襲ったのは、互いに本名さえ知らない犯人たちだった。

利恵さんの母親は、亡くなった娘のために戦うことを決めた。その武器にしたのもインターネットだった。ホームページを作成して全国によびかけ、犯人を極刑にするための署名を集めた。当時の鳩山法務大臣に送った手紙のなかでこう訴えている。

admin's picture

9歳のプログラマー

ロイターの記事によると、シンガポールに住む9歳の少年が、iPhone用のアプリケーションを開発した。タッチスクリーンに触れて絵を描き、iPhoneを振ることで画面を消すというもの。二週間で4000件がダウンロードされたという。「お絵かきが好きな妹のために作った」そうだ。

[video:http://www.youtube.com/watch?v=5bCQngqsHWo]

admin's picture

嫌われる女性ワースト3

All About恋愛相談に「合コンで嫌われる女性ワースト3とは?!」と題する記事があった。嫌われるのは、性格が悪い女性だとして三点挙げている。記事を書いたのは女性のようだ。

第1位: この合コンが失敗だったという態度を露骨に出す女性

もちろん合コンは第一印象が大事ですよね。わずかな貴重な時間をどれだけ楽しく共有できるかというのが本来の大人の理想パターンであります。

第2位: 上から目線で男を批評する女性

初めて出会ったモノ同士であっても絶対に合コンで盛り上がる話題の1つが恋バナや結婚観のトークだと思います。

admin's picture

天下りと渡り

麻生首相は日本の恥をさらす存在になってきた。漢字が読めないというだけでなく、今度はリーダーにあるまじき発言だ。「郵政民営化の担当大臣は竹中さんだ。私は反対だったから外されていた。」と国会の答弁で言った。自分も法案には署名をしたのに、いまになって自分の責任ではないなどと言い訳をするとは。子供たちの間でも、みんなで決めたのに後で「自分は反対だった」などといったら二度と仲間に入れてもらえない。普通の子供にも分る道理をわきまえない人を一国の首相に選んでしまった日本は不幸である。

一方で、官僚社会が諸悪の根源のような話が続出しているが、昨年6月に成立した公務員改革基本法は一体なんだったのだろう。これも官僚の抵抗にあって骨抜きにされたというのか。天下り・渡りの禁止がどうしてできないのか?麻生首相に問題があるのだが、どうしようもない官僚体質が根深いようだ。

谷人事院総裁の発言にもあきれてしまった。「上層部に行けばポストがなくなってくる。だから天下りをしてもらう必要がある」などと、ぬけぬけという厚顔無恥にはあきれてしまう。また、人事院が持っている権限を政府に移されると、自分を含む官僚ファミリーの立場がなくなるので、頑強に抵抗する姿勢をあらわにしている。

admin's picture

出版不況

宝島社 数年前に広告収入が半減した。

 広告担当の若い女性が、大学院に通ってマーケティングを勉強したときに「価格弾力性」を知った。 

出版界では価格を下げて価格を下げる発想がなかった。

880円を650円に下げ、販売部数を伸ばすと広告スポンサーがつきやすくなり、一番誌を狙うことができる。

 企画会議に全部書の人が参加させるようにした。 

 携帯小説 あしたの虹(パープル著) 若者たちの純粋な恋愛を描く

アクセスは500万件以上

MySpace 検索しても情報量が多いためほしい情報を探せなくなっている。
情報を選択し、付加価値をつけて、これまでにない雑誌を目指している。

海外で注目を浴びているアマチュアバンド

源氏物語 印刷ができない次代に書かれたものが現在まで伝わっている。

活字の力を信じている寂聴さんは新しい雑誌を編集

活字文化を次の時代に伝えたい

生きる喜び、わくわくすることを伝えたい

admin's picture

イタリア幻想曲

Syndicate content