admin's blog

Share  
admin's picture

PC/スマホ更新プログラムの費用負担

今日、Windows Updateが4件あった。いずれもセキュリティ改善パッチである。格安Simへの乗換え検討をはじめてからは、頻繁に発生するWindowsアップデートが”いとにくし”になっている。過去のADSL回線や速度制限なしのWiMAXを使っていたときは気にもせずに黙って言われるままにインストールしていた。しかし、その頻度もデータ量も年々増えてくると、作業負荷も増えてきた。ダウンロードとインストール作業(再起動の手間が必要なときもある)にかかる時間は馬鹿にならない。

大手キャリアも格安SIMもネットの速度を制限する時代になった。あるプランでは1日330MBを超えると、その夜は最大128Kbpsに制限される。5GBを超えると月末まで128Kbpsで、実質的に使用不可になる。というわけで毎日のデータ消費量に気をつけなければいけない。そんな不便なことになっているのに、利用者(購入者)に何の責任もないWindowsアップデートが、436MBもあって夜までの時間にダウンロードすると、その夜はネットが使えない(128Kbps以下になる)ということになる。

admin's picture

5 Proofs Hippies Are Not Dead And They Are Among Us

hippie fests

A hippie (or hippy) is a member of a counterculture, originally a youth movement that started in the United States and the United Kingdom during the mid-1960s and spread to other countries around the world. Hippies developed their own lifestyle, which was pretty distracted from that of the middle class.

admin's picture

広告ブロック

ネット検索をしていると、未知のサイトを頻繁に開くことになる。見たくもない画像や動画あるいは広告が目障りなだけでなく、表示スピード遅くなり、イライラすることがある。ブラウザの設定で「画像を表示しない」ようにできるが、写真付き記事を見慣れているのでわかりにくくなる。画像の広告は表示されなくなるのでスッキリする。しかし、ここ数年で動画を使った広告が増えた。これが一番厄介である。

admin's picture

Discover 10 Crazy Things Women Like To Do On A First Date

 chris date, first, women

Discover some of the bizarre things some women like to do during the first encounter to test their date.

You may surprised!

admin's picture

Webサイト/SNS見直し

年末からネットを利用することが多くなった。ネット接続・モバイル機器の買い替え時期で、新たに格安スマホ・格安SIM市場の活況を知ったためである。飛耳長目メモ帳もまた使い出した。昨年は東西を数回往復し、何箇所か途中下車してぶらり旅もまた楽しむようになった。枚数は少ないが、旅中にスマホで撮った写真をfacebookにアップした。スマホでニュースを見ていると、Instagram投稿写真がよく話題(芸能ニュース)のネタとして引用される。写真はスマホ・PCともに長年使ってきたPicasa Webサイトは閉鎖され、Googleフォトに移行されたが、使いにくい。ネット環境の変化があり、facebook(2015年まで使用), Instagram(2013年まで)、flickr(2013見直し)、Pinterest(2014年)、tumblr〔2011年〕などを見直している。

admin's picture

WiMAX/LTE回線速度

格安SIMを調べ始めて気になったのが回線の品質と速度である。ADSL(昔のブロードバンド回線)の場合は電話回線(銅線)の伝導効率、温度・湿度など天候に影響されると聞いた。雨や嵐の日は遅くなるという。そういわれれば確かにそうだなぁ…と思った。ADSL8Mからひかり100Mbps、そしてWiMAX40Mbpsへと切り替えてきたが、回線速度を気にすることはほとんどなかった。遅かったのかもしれないが、体感スピードとしてイライラするほど遅くなかった。普通に快適に使ってきた。数十~数百Mbpsを競う時代が来るとは思いもしなかったパソコン通信の時代(1980年代後半)は、14.4Kbps~28.8Kbps、最も早いのが56Kbpsだった。アナログモデムで固定電話回線経由で接続(ダイヤルアップ)した。それよりさらに10年遡ると300bpsという超低速の時代があった。それでも衛星通信(MARK-IIIといったかな?)で海外拠点と接続できたというのは夢のような出来事だった。

admin's picture

Web Phones

インターネット電話(IP電話)、VoIPソフトウェアなどと呼ぶ。英語圏ではWeb Phones(Web Based Internet Phones)とも呼び、パソコンにこれらソフトをインストールすればインターネット経由で電話をかけられる。もっとも有名なのはSkype(2005 eBay, 2011 Microsoft)だろう。通話料の安さ、使いやすさではGoogle Voiceが一番かな?正直言って実用で使っているのはこの二つだけである。数年前からはLINE電話も使うが、品質はいいとはいえないし、相手もLINEを使っていないと使えない。Google Voiceは世界の固定電話にかけられ、料金が安いのが魅力だ。音質も英語・日本語を問わず大きな問題はない。

〔参考記事〕Google VoiceとSkype

ここ数年はGoogle Voiceしか使っていない。楽天がViberを買収した話も聞いた。Skypeポータブルの評判も聞いた。というわけで、最近の無料電話の動向が気になり調べて見た。

admin's picture

大動脈解離


生まれて初めて入院した病気が急性大動脈解離だった。ある日突然、背中を鶴嘴で殴打されたような激痛が走った。その異常な痛みは「すぐに救急車を呼べ」と叫んでいた。

admin's picture

西元祐貴の陶墨画

西元祐貴の陶墨画を展示するジュエラ陶墨画ギャラリー(福井市)が3月にオープンした。
地図:http://goo.gl/lIVdQr

admin's picture

身近な都会の原子炉

福島原発事故以来、原子炉の危険性や脅威については広く一般に知られるようになった。原発廃止や再稼動に反対する運動などがマスコミでたびたび報道されている。しかし、そのほとんどが原発に関するものだ。研究・実験施設の脅威についての報道は少ない。

原発の所在地は各種の報道によってなんとなく知っているものだが、それ以外の原子炉について知っている人は少ないのではないか?かくいう私も最近まで知らず、意識することすらなかったが、首都圏では川崎・横須賀、近畿圏では大阪府熊取町、東大阪市に研究・実験炉がある。廃炉になったり停止したままの原子炉であっても、核燃料や核廃棄物が適切に処理・管理されているのか?近隣住民は不安に思う。

東海村JCO臨界事故(1999年)では死者が出た。その報道があるまで、JCO工場の目の前に住んでいる人はそんな危険がある工場とは知らなかった。原子炉ではなくて核燃料を加工する工場だったが、加工中のウラン溶液が臨界状態に達し核分裂連鎖反応が起きたという怖ろしい事故だった。被ばくして死亡するなどということが起こると予想した人はいなかったのではないか。

admin's picture

毒母

時代とともに変化する家族のカタチ。かつては"頑固な父親"~子供にとって親の言うことは絶対だった。それが最近ではまるで友だちのような親子(とくに母娘)の関係が目立つ。そんな中、新たに"毒母"が注目されている。

原宿カウンセリングセンターでは、毒母に苦しむ娘たちの集団カウンセリングを行っている。カウンセラーは、臨床心理士の信田さよ子。彼女が書いた『母が重くてたまらない―墓守娘の嘆き』(2008年)が注目されている。古くは、精神科医久徳重盛が1979年に発表した精神病の概念"母原病"(1979年)がある。

いずれも子供(とくに娘)に悪影響を与える母親のことである。作家(角田光代、村山由佳、田房永子)や芸能人(遠野なぎこ、小島慶子)も自らの経験談を語るようになって反響を呼んでいる。田房永子は自らの経験を60のエピソードに分けて漫画「母がしんどい」を書いた。

アメリカでは1989年に精神医学者、スーザン・フォワードが「Toxic Parents」を著した。日本語翻訳版は「毒になる親」で、1999年に出版されている。

admin's picture

才能・性格は遺伝?

遺伝率の推計

音楽・数学・スポーツ・執筆 80%以上
知識・記憶・美術・外国語 50%以上
アルコールなどへの依存 50%以上
外向性・勤勉性などの性格 30%以上
自尊心・権威主義などの性格  30%以上

たとえば、歌手になりたくて努力したがだめだった母親が、自分の夢を子供に託すのは、もともと音楽の才能を遺伝子として受け継いでいない子供には無理がある。その一方で、自分は音楽には興味がなく、音楽家の道とは無縁の人生を送ってきた母親が、実は音楽の才能があって、子供にもその才能が受け継がれている確率が高いので、音楽の道に進んだ子供を応援してあげると、その才能が開花する可能性が高い。

admin's picture

マリア・ヴァレフスカ

Maria_Walewska.jpgマリア・ヴァレフスカ伯爵夫人(1986-1917)は、偉大な愛国者の一人として1970年にポーランドで切手になった女性である。通俗的にはナポレオン一世の愛人だったことで知られるが、最初は自らの意思で愛人になったのではない。

1806年ナポレオンがワルシャワを訪れ、時の外務大臣タレーラン主催の舞踏会でマリアに出会って一目ぼれした。彼は花束や手紙を送り求愛したが、貞淑で信仰心の強いマリアは、これをことごとく無視した。

しかし、ポーランド復興の期待をナポレオンにかけた、スタニスワフ2世(ポーランド・リトアニア共和国最後の国王)の甥をはじめとした多くのポーランド人たちが伯爵家を訪れ、ナポレオンの求愛に応えてくれるよう頼んだ。夫のヴァレフスカ伯爵もこれを了解し、マリアはナポレオンの愛人となったのである。

admin's picture

日本で最も売れた漫画ベスト10

  1. ONE PIECE
  2. ゴルゴ13
  3. ドラゴンボール
  4. こちら葛飾区亀有公園前派出所
  5. 名探偵コナン
  6. NARUTO~ナルト~
  7. 美味しんぼ
  8. SLAM DUNK
  9. タッチ
  10. ドラえもn
  11. 鉄腕アトム

〔出典〕漫画全巻ドットコム調べ

  1. 3億2000万部
  2. 2億部
  3. 1億5700万部
  4. 1億5600万部
  5. 1億4000万部
  6. 1億3500万部
  7. 1億3000万部
  8. 1億2000万部
  9. 1億部
  10. 1億部
  11. 1億部
admin's picture

浦島太郎伝説

昭和の学校や童謡では、助けた亀に連れられて竜宮城へ行き、戻ってきて玉手箱を開いたらお爺さんになってしまったという話だが、日本各地でこれとは違った話が伝わっている。

香川県三豊市詫間町
伝説にちなんだ地名や浦島太郎に関連する史跡が多く残されており、町内各所に浦島太郎像も設置されている。荘内半島にある大浜・積・生里・箱・香田・粟島・志々島を総称し『浦島』と呼ばれていた。浦島太郎が玉手箱を開けた時に、立ち昇った白煙が紫の雲となり山にかかったといわれ、その山は「紫雲出山」と呼ばれるようになった。浦島太郎は、お爺さんではなく岩になったそうだ。

京都府与謝郡伊根町
「舟屋」で有名な観光名所がある伊根町では、浦島太郎は「浦嶋子(うらしまこ)」という名前だった。淳和天皇が浦嶋子の話を聞き、小野篁を勅使として825年に創建したのが浦嶋神社。宇良神社、浦島大明神、筒川大明神とも呼ばれる。丹後半島の地では「亀」というのは「亀姫」のことである。嶋子が釣りをしていたとき五色の亀が現れ、美しい乙女に姿を変えたという。

愛知県知多郡武豊町

Syndicate content