11月 2015

Share  
admin's picture

短縮URLサービス

歩き旅をすると、GPSで記録した歩行経路をGoogle地図(MyMaps)やYahooルートマップにアップロードして整理している。100カ所を超えてからは参照するのが厄介になったので、MyMapsにリンクする旅の地図一覧を作成した。このとき、HTMLコードの量を少なくし、読みやすくするために短縮URLを使う。

最近はGoogle URL Shortenerを使うことが多くなった。たとえば「青春18ぶらり旅」と題した地図の共有リンクは
https://www.google.com/maps/d/ed... であるが、Shortenerで短縮すると https://goo.gl/uUkqnn になる。76文字が21文字になる。

達磨居士's picture

八百比丘尼の伝説

若狭地方には、春になると手に白玉椿をもって各地に現れたという八百比丘尼の伝説が残っているそうだ。比丘尼は、九穴の鮑または人魚の肉を食べたためにいつまでも若く年をとらなかった。1000年の命を授かったが、200年分を神に捧げ、800年生きたことから八百比丘尼と呼ばれるようになった。

八百比丘尼

比丘尼は654年(白雉5)の生まれで、色が白かったことから白比丘尼とも呼ばれた。比丘尼になる前は、白石神社の巫女だったと伝わる。白比丘尼の白、白玉椿の白は再生の色。玉は「魂」。椿は、春先一番に花を咲かせ、葉は常緑。古代より神聖な木とされ、呪いに使われた。中国ではチンと呼ばれ、八百年に一度花を咲かせる、不老不死の薬と考えられた。

白石神社は、若狭彦こと遠敷(おにゅう)明神を祀る。東大寺の初代別当・良弁上人の生誕地でもある。神社から100m下流の鵜の瀬で「お水送り」の儀式(火祭り)が行われる。東大寺二月堂の「お水取り」に使われる水を送る儀式だそうだ。