12月 2014

Share  
達磨居士's picture

おゆきさん

村の共同墓地は「オコツボ」と呼ぶ。骨墓地が訛ったのか、奥坪、憶壷、あるいは億壷なのか?いまだ知らない。村の古老に訊いてみよう。母が亡くなってからオコツボに何度も足を運んでいる。公式には葬儀後の納骨と初七日と四十九日の三回だが、それ以外に何度も行くようになった。知らない墓標、なじみのない墓標がいくつかあった。

父も母も先祖代々の墓に納骨し、昔のような卒塔婆は立てない。もっとも新しい墓標は「ユキ」である。父が亡くなる二年前に建てた。信心深い叔父がおゆきさんの供養塔がないと身内が不幸に襲われるといった話が契機になったと聞いた。戦争体験がある父は神も仏も信じていなかったと思う。戦争の悲惨さを目の当たりにした人はだれでも、この世には神も仏もいない、だれも救ってくれないと思うようになるのではないか。お経を読んだり、手をあわせたりする父の姿を見た記憶がない。同じ戦争で何百人もの部下を亡くした義父も同じだった。

そんな信仰心のない父だが、祖先の供養はきちんとしてい自分の末弟が気になるならちゃんと「おゆきさん」の墓を建てて供養しようと思ったのだろう。おゆきさんのことを知ったのは父が亡くなってからだった。祖母の妹(父の叔母)で若くして亡くなったらしいということしか知らなかった。

達磨居士's picture

Captcha いとにくし

同窓会のサイトを見直していた。最新のMT6に移行して、コメントでCaptchaを使えるようにした。これはロボットによるスパム書き込みを防ぐためで、画像の中に見える文字を人間が読み取ってテキスト入力する仕組みである。

MT標準のCaptchaだが、どうしても読み取れないことが多い。読めないときは別の画像に替えて読み取ろうとするがそれでも読めず、10数回試行することも珍しくない。むかしGmailを登録するときも、Captcha画像の文字が読み取れずなんどもなんどもやり直したことがある。

二つの画像を貼り付けたが、皆さんは読めるだろうか?

〔追記〕Google Chromeはバグだろうか、Captcha画像が表示されない。Firefox, IE11は正常に表示される。

達磨居士's picture

2014ぶらり旅

思い立ってFacebookにアルバム「2014ぶらり旅」を作成した。旅日記を書いているが、Facebookには旅の途上でスマホで撮った写真のいくつかを記録のために投稿している。自宅パソコンではPicasを使って整理し、旅の写真日記は動画や地図と共にHTMLで書いている。Wordなどは使わず、10年来使っているMKEditorという無料のテキストエディターだけを使う。WebサーバへはFileZillaを使っている。昨年からは自宅サーバに保存し、外出先からWebブラウザで参照できるようにした。

友人から紀行文を書いてはいかがですか?と言われることがある。しかし紀行文を書くほどの文才はない。旅の記録として写真と動画と地図を整理してメモを書くくらいだ。2014年から旅を終えたその日のうちに書くようにしてきたが、あとで見直しがたくさんあるのでいつまでも整理中になっている。2013年以前もいくつかの旅について日記を書いたが途切れ途切れである。2009年~2012年に作成したWebページで使っていたスクリプトがスマホでは動かなくなった(フラッシュサポートなし)ので、折を見て書き換えている。

達磨居士's picture

農地法と市街化調整区域

1.農地の売買

市街化調整区域の土地・建物の売買は、日本国の農地法と農業委員会法(昭和26年88号)という二つの法律に従い、市町村が規制している。※出典:○○町農業委員会事務局△△氏

①農地法では、農地を5000㎡以上所有している農業従事者の資格を所有したものしか買えない。この条件を満たした購入者であっても、売買に際しては農業委員会の認可が必要である。
※農地法(昭和27年)の目的「耕作者が自ら農地を取得することを促進し、その権利の保護と優良な農地の確保や生産力の増進を図ること」

②農業委員会は、市町村が農業委員会法を遵守する形で運営している。農業委員は17名で、うち5名は農協などの推薦で任命され、残り12名は選挙で選任される。※18年前の農業委員は23名だと聞いた。

③購入者の資格条件は、市町村の農業委員会で変更することができる。○○町の条例では1000㎡以上の所有者でも買えるように規制緩和し、農地の流動性を高めている。購入する土地面積も1000㎡以上でなければならない。言い換えれば、1000㎡以下の田畑の売買はできない

達磨居士's picture

Facebookなりすまし

Facebookから下記のメールが届いた。「あなたのアカウントで不審なアクティビティがあったのでパスワードをリセットした。24時間以内に再設定してください。」というもので、再設定のための"this form"リンクをクリックするように仕向けている。Facebookロゴがあったので何気なくクリックしてしまった。アドレスを見て気がつき、ページが表示される前にすぐ読み込みをストップしたが手遅れだったかもしれない。しかし、多分リセットするために入力すると、そのIDとパスワードを盗まれるという仕組みだろう。そうなら大丈夫かもしれない。

admin's picture

MySQLデータベース整理

数日前にBluhost社からMySQLデータベースのテーブル数が多すぎるため性能悪化を招いているとの通知がきた。通常1000を越えるとパフォーマンスに影響するとのことだ。
    Total MySQL Database Size: 608.37 MB
    Total MySQL Tables: 1145

    Largest MySQL Database Size: 313.29 MB
    Largest MySQL Table Count: 98

かつては無制限だったが、性能が悪化するとの理由で制限するようになった。ひとつのアカウントあたり最大1000テーブルまたは最大3GB、ひとつのデータベース当り1000テーブルまたは2GBである。

12月11日までに対応しないとdeactivateするとの警告だ!
大規模データベースを使いたいのなら追加の有償プランがあるという。そのプランは最近提供されたものだ。サーバの性能をいたずらに悪化させるような使い方を排除する手立ての一つであろう。

admin's picture

Drupal6.34

セキュリティアップデートを実行した。半年振りの見直しで、また不具合を見つけた。過去にも発生した不具合で、ログインしていない状態での「最新ブログ記事」のリンクが、http://sites.agorian.com/drupal/node/1206になる。正しくはhttp://sites.agorian.com/node/1206またはhttp://agorian.com/drupal/node/1206である。

サブドメイン名sitesがhttp://agorian.com/drupal/であるが、これが機能していない。最新ブログ記事からのリンクに限って発生する。トップメニューの「最新記事」からは正常にリンクされている。

この現象は最初に6.12で発生し、原因不明のまま自然復旧した。6.31でも発生していたようだ。ログインした状態では、この問題はない。通常ログインして使っているので気付かなかった。

このサイトは自分の備忘録に使っているので、一般の閲覧者のことをあまり配慮していない。しかし、ときどきFacebookに共有投稿するので、Facebookユーザが参照したときに不具合があるのは好ましくない。調査してフィックスする宿題ができた。