8月 2014

Share  
admin's picture

魔王が棲む魅惑の城

TV録画ファイルを整理していて信長の城とその戦略を紹介した番組を見つけた。ひとつは表題の「魔王は棲む魅惑の城」である。信長は生涯に5つの城に移り住んだ。最初が那古野城、二番目が22歳のときに移った清洲城、30歳のときには美濃攻略のために築城(1563)した小牧山城に移った。

そして、美濃を平定した1967年、稲葉山(金華山)に移り、天守を新たに造営してこれを岐阜城とした。岐阜城を拠点に天下布武を唱え、楽市楽座を振興し、天下取りへの道を歩み始める。時に34歳のときである。そして最後が、かの有名な安土城である。

admin's picture

NHKアーカイブス

過去に録画したTV番組をブラウザだけで閲覧(Windows/Android)できるようにしているが、各放送局もネットで視聴できるサービスを提供するようになった。NHK番組については「NHKアーカイブス」または「NHKデジタルアーカイブス」というサイトがある。放送予定の番組紹介サイトもあり、番組名がETVアーカイブス「あの人に会いたい」、NHKアーカイブス「戦争証言」などがある。番組編成やアーカイブスの関係性が分からないので整理を試みている。

admin's picture

空き家820万戸

~増え続ける全国の空き家~ NHK日曜討論から

昭和33年に36万戸だったのが、平成25年には過去最多の820万戸になった。これは全住宅の 13.5%、およそ7戸のうち1戸が空き家になっている。このうち、世帯が長期不在の空き家が318万戸を占める。空き家は、周辺お住民に迷惑をかけ、治安の面でも防災の面でも大きな問題になっている。

空き家条例

地方では、親の実家が空き家になるケースが多い。犯罪の温床になったり、倒壊の危険があり、これを取り除くという公益性の観点から、新潟県長岡市・大仙市など184の市町村で制定されている。行政代執行により強制撤去することができる。


税負担が障害

家を壊すのにお金がかかり固定資産税も増える。接道条件が厳しくなり、建てかえると建坪が小さくなる。

200平方メートル以下の住宅用地の場合、住宅を取り壊すと固定資産税が6倍になる。
元々は、住宅用地の税負担を軽減するための特例だったが、人口減少社会ではそれが解体して更地にすることをためらう要因になっている。ボロ屋をそのままにしておいたほうが税負担が少ない。