5月 2014

Share  

ガラケー

携帯をsbからauに変えた。mnp乗換キャンペーンで、ガラケー月410円である。端末代金は実質0円である。二年縛りなので、二年間約1万円で買ったのと同じだ。もちろん通話料、ネット接続料は従量制で発生する。

スマホ解約料1万円

家族割などのオプションはゼロにした。ほとんど使うことがなく、緊急連絡バックアップ、待ち受けと二段階認証用に使うのが主な目的だ。HTCスマホはキャンセルした。今年4月で満期だと思っていたら自動的に二年契約になっており来年4月まで延長されていた。使わないのでペナルティ1万円を払ったほうが出費が少ないので解約した。

ガラケー・スマホの料金体系はいまだに分からない。複雑すぎる。割引、割引・・・とうるさい。いくら割り引いてもらってもありがたいという気がしなくなった。悪く言えば、割引、実質0円という言葉でごまかされている気がする。

年間支払額

そんなのは説明しなくて、二年契約だったら二年間でいったいいくら払うことになるのか?それを教えて欲しい。通話料は1分40円+消費税なら、自分で計算できる。30秒20円なんていわなくていい。1時間2400円+消費税だ。だから月平均1時間通話するなら、1年間で約3万円ですよ!と教えて欲しい。

admin's picture

Drupal6.31

半年振りにDrupalをアップデートした。セキュリティ強化が主で機能追加はない。 自宅サーバにはDrupal7を設置したが、従来からのWebサーバではDrupal6系を継続使用。 バージョンが変わるとデータベースの移行に問題がでて、その解決に時間を取られるのが嫌だからだ。

6系は安定しているが、WYSIWYGエディタでお気に入りだったFCKEditerサポートが4年前(2010年)に打ち切りになった。 "FCK"が汚いスラングに通じるから、その使用をやめたということだ。 後継にCKEditor(FCKEditor V3)またはTinyMCEがあるが、6系との愛称が悪いのか動かなかった。 時間的余裕ができたら置き換えようと思っている。

Drupalはダイナミック・パブリッシングが基本なので、MySQLデータベースが必須である。 ローカルPCで使うためには、WAMP環境(Windowsで、Linuxほかを動かすこと)が必要だ。 環境を作って動くことを確認したが、リソースを食いすぎて面倒だ。

いまはLAMP環境が整った自宅サーバで、Drupal7を使っている。
シンプルになって使いやすい。レンタルサーバでも7系にいずれ移行する。

jack's picture

安近短とレリゴー現象

TBS週間ランキング一位は「IE」、二位「アナと雪の女王」(レリゴー現象)、三位「GW」と続く。レリゴーって何のことかと思ったら、Let it goのカタカナ英語だった。レリゴーって聞こえるとは知らなかった。映画館で観客が事前に歌のレッスンを受けて、全員で歌うのだそうだ。映画の鑑賞の仕方が大きく変わった。

GW話題では、「安近短」がキーワード。安全な近場で短く遊ぶ、出かけることかと思ったら、「安」は「安い費用で」ということだ。ググルと2008年頃から使われるようになったそうだ。この「ググル」という言葉も2008年頃から一部の人たちの間で使われるようになった。グーグルを使って検索することだ。

安近短もググルも世相を現す短縮語だが、JSモデル、DSモデルというのも流行っているそうだ。何の略かと思ったら、女子(Joshi)小学生(Shougakusei)のことだ!DSはDanshi Shougakusei…これも日本語なのか?

古来から日本人は外国語をたくみに取り入れてきた。よく知られているのは万葉集だ。

 春過而 夏来良之 白妙能 衣乾有 天之香来山

発音に漢字を当てて表記した。800年後、賀茂真淵が「万葉解通釈」、「万葉考」を著わし、万葉歌を解釈下。読み方も幾通りかある。